家族が高齢者虐待をしてしまうとき

個数:

家族が高齢者虐待をしてしまうとき

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 117p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863510531
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3036

内容説明

デイの送迎や家族を訪問した際に、なにかいつもと違うことがなかったか、お風呂に入るとき身体にアザやキズはなかったか、痩せすぎていないか、着ているものが汚れていないか、怒鳴り声が聞こえなかったか、介護に疲れた様子はなかったか…本書は、認知症の人や介護者を支援する専門職がもつべき大切な視点を示しています。

目次

第1章 在宅で介護する家族はなぜ苦しむのか(それは本当に虐待なのか;高齢者虐待防止法と高齢者虐待 ほか)
第2章 高齢者虐待の未然防止に向けて―在宅における高齢者虐待はなぜ起こるのか(高齢者虐待の未然防止に向けて;介護環境の視点 ほか)
第3章 認知症介護と高齢者虐待―家族を支えるポイント(家庭内虐待の背景にある認知症介護特有の問題点;認知症の人の示す症状がストレスに ほか)
第4章 家族が高齢者虐待をしそうになるとき(介護をやめてしまいたいと思う出来事とその支援方法(介護放棄)
暴言を吐いてしまったり無視をしてしまったりしそうになる出来事とその支援方法(心理的虐待) ほか)
第5章 在宅介護を継続するために必要な言葉と支援(介護の助けになったことはなにか;専門職にいわれてうれしかった言葉 ほか)