昔話のプロファイリング〈3〉幸と福の語り部たち

個数:
  • ポイントキャンペーン

昔話のプロファイリング〈3〉幸と福の語り部たち

  • 木村 桂子【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 慧文社(2013/08発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月08日 05時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863300637
  • NDC分類 388.1
  • Cコード C0095

内容説明

「幸福」とはどんなこと?そのイメージさえ、現代人は忘れかけていませんか?昔話の語り部たちは、“幸”と“福”という、二つの異なる「しあわせ」のモデルを証言しています。敢然と人生に挑戦した先人達の語る、幸福を見出す人生智!「昔話=古き良き時代の素朴な作り話」という先入観を覆す鋭く斬新な洞察で、幾重もの比喩の奥に秘められた昔話の現代的メッセージを読み解く!

目次

「幸」の章―自分の力や才覚を証明する幸福への七つの挑戦(自立―おんばの皮‐青森県三戸郡の昔話「蛇聟入」の語り部の証言;出会い―縁は恐ろしいもの‐福島県南会津郡の昔話「聴耳」の語り部の証言;家庭―便利な妻‐広島県安芸郡の昔話「飯くわぬ女」の語り部の証言;富―鉢を冠にした女‐徳島県三好郡の昔話「鉢かつぎ」の語り部の証言 ほか)
「福」の章―無意識の領域から現れる幸福への七つの挑戦(生活習慣―豆の代よこせ!‐岩手県上閉伊郡の昔話「地蔵浄土」の語り部の証言;ゆとり―はなたれ小僧‐新潟県見附市の昔話「竜宮童子」の語り部の証言;嘘―煙草の脂と柿の渋‐高知県高岡郡の昔話「たのきゅー」の語り部の証言;恐怖―猫が化ける‐長野県下伊那郡の昔話「猫と釜蓋」の語り部の証言 ほか)

著者等紹介

木村桂子[キムラケイコ]
児童文学作家。1947年東京生まれ。大阪大学大学院工学研究科・修士課程修了。「お話あそび研究会」代表。文芸投稿誌『きぼっこ』主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。