安高団兵衛の記録簿―「時間」と競争したある農民の一生

個数:

安高団兵衛の記録簿―「時間」と競争したある農民の一生

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863291324
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

内容説明

1年に「508日」働き、睡眠は5時間40分。二宮尊徳を尊敬し、農業の本分を完うして、国に尽くす。明治・大正・昭和を、「時間」と競争しながら生き抜き、その毎日を記録しつづけた、ひとりの日本人の生き方。

目次

第1章 “記録魔”団兵衛について
第2章 明治・大正期の団兵衛―誕生から三十歳まで
第3章 昭和戦前期の団兵衛―三十歳から五十歳まで(記録類の数々;「時間」の観念;家族と生活;農業観と国家観)
第4章 昭和戦後期の団兵衛―五十歳から死去まで(記録類の行方;記録が評価される;記録が住民を救う;団兵衛の遺したもの)

著者等紹介

時里奉明[トキサトノリアキ]
1963年福岡県生まれ。九州大学大学院博士課程満期退学。現在、筑紫女学園大学教授。専門は日本近代史。戦前の八幡製鉄所(労働者、福利厚生)に関する論稿多数。地域史や近代化遺産も関心がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件