占領下の新聞―別府からみた戦後ニッポン

個数:

占領下の新聞―別府からみた戦後ニッポン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月24日 20時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863291249
  • NDC分類 070.219
  • Cコード C0021

内容説明

国破れて新聞あり。GHQの占領下、温泉観光都市・別府で検閲を受けながらも発行された52種類の新聞が、収蔵されていたプランゲ文庫から甦る。その活字の向こうに地方の名もなき人々の声が聞こえる。

目次

1 占領下の新聞は語る(引揚・住宅難・闇市;複雑怪奇、泉都はいつも起きている;民主日本への歩み;商都として;占領期のブログ)
2 占領下の新聞紙面に見る世相(昭和二十一年;昭和二十二年;昭和二十三年;昭和二十四年)

著者等紹介

白土康代[シラツチヤスヨ]
昭和22年、大分県別府市生まれ。九州大学大学院文学研究科博士課程満期退学(フランス文学専攻)。大学非常勤講師、日本文理大学(平成24年退職)をへて、現在「大分プランゲ文庫の会」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

冬佳彰

14
敗戦当時、人口6万5千人だった別府の人口は、引揚者や基地労働者、復員兵、戦災孤児、街娼などの流入により10万人を突破する。市街中心部の人口密度は日本最高となる状態だったらしい。その別府で敗戦後に発行された様々な新聞を紹介した本。そのソースは、GHQ検閲制度を通過した占領軍資料が持ち帰られた「ブランゲ文庫」による。今も昔も日本の行政では「歴史的な価値を持つ資料のため保管」という考え自体が発生しなかっただろうな。これらの紙面がかなり面白い。政治、社会運動、新興宗教の観点などで多数の新聞が出されている。(続く)2023/05/01

i-O

0
別府という土地が、戦災を免れ非常に発展していたということを知らなかった。種々雑多な新聞が発行されていて興味深い。中には『学級新聞』並みのものも。 2021/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9811805
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。