FUKUOKA Uブックレット
東アジアとは何か―「文明」と「文化」から考える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 59p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863290808
  • NDC分類 120.4
  • Cコード C0021

目次

アジアを抽象化する
東アジアにおける「文明」と「文化」
「文明」と「文化」を再定義する
世界が分かれた―「2」としての文明
驚きが消えた―「1」としての文化
朝鮮の「小中華思想」
ニヒリズム「0」の日本
三つのアイデンティティ
正常化する東アジア/異常化する世界
西洋近代的人間観の特殊性
知覚の束としての人間
“2・1・0”で考える
震災と滅びの感覚について
魂はどこにあるか
新たな創造性と文明性
「共同体」ではなく「共異体」を

著者等紹介

小倉紀蔵[オグラキゾウ]
1959年東京生まれ。京都大学総合人間学部、大学院人間・環境学研究科教授。専門は韓国思想、東アジア比較思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

wei xian tiang

0
そう,韓国の地名が郡邑面はおろか洞名に至るまで固有語が少ないのが気になってた。日本は嘉字付けれって布令られたって那珂とか紀伊とか宛字なのに。2013/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5567824
  • ご注意事項