三島由紀夫と橋川文三 (新装版)

個数:

三島由紀夫と橋川文三 (新装版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863290587
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

目次

1 三島由紀夫に見る橋川文三の影響―「英霊の声」以後
2 「文化防衛論」をめぐる応酬―三島と橋川の意外な関係
3 「秘宴」としての戦争と「死の共同体」
4 「前に進んだ」三島と「引き返した」橋川
補論1 辿りついた戦後の虚妄―「葉隠」をめぐって
補論2 橋川文三と戦後―「橋川文三日記」を手がかりに
三島由紀夫と橋川文三 註

著者等紹介

宮嶋繁明[ミヤジマシゲアキ]
1950年、長野県生まれ。松本深志高校、明治大学政経学部政治学科卒業。学生時代、橋川文三に師事。近代日本政治思想史専攻。卒業後、フリーエディターなどを経て、現在、編集プロダクション代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

3
ふむ2024/03/10

もりおか

0
名声も富も欲しいままにしていたはずの三島が感じていた絶望的な孤独感への、数少ない理解者、橋川文三。実は一度も会った事もない、というのは面白い。会ったことのない人にここまで信頼を置いたり自分の一番の理解者である、と断言するのは難しい。論調的には、経験に基づく思考のベクトルが対局に向ったが故に一見対立しているように見えるが、実は一番の擁護者で賛同者であったのでは?というもの。ちょこちょこ引用されてる色々な人のセンテンスが面白い。2015/05/29

Ikkoku-Kan Is Forever..!!

0
「三島にとっての橋川」についてはわからないけれど、「橋川にとっての三島」は本書で示されている通りだと思う。いづれにせよ、「橋川文三にとって三島由紀夫とは何であるか」という問いは、橋川を考える上で一つのポイントだと思う。私の興味は、曰く、なぜ、橋川は『序説』を書かなければならなかったのか。その後の超国家主義論への展開の「必然性」は何か、という点で、少し、丸山眞男との比較で考えてみたい。でも、結局、その違いは「戦争体験」のあり方で、そうすると「橋川と三島」という問いに還ってくる感。2012/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3170311
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。