はじめよう、お金の地産地消―地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決する

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり

はじめよう、お金の地産地消―地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決する

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2017年10月20日 10時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862761675
  • NDC分類 338.77
  • Cコード C0030

内容説明

子育て、介護、環境…地域づくりに取り組む人をみんなで応援する仕組みをつくろう。若者たちが始め、金融機関、自治体、企業、大学、そして多くの個人を巻き込んで広がる「地域のお金を地域で生かす」挑戦。

目次

第1章 新しいお金の流れをつくる―いま各地で起きていること
第2章 過去を見るか、未来を見るか―NPOバンクmomoはなぜ貸し倒れゼロなのか
第3章 お金と人のエコシステム―地域に必要な仕事を、みんなで応援する
第4章 仕事の「価値」って何だろう―お金でないものを見つめる
第5章 小さな一歩から始まる―地域課題への挑戦者たち
第6章 共助社会をめざして―誰もが当事者になる時代

著者紹介

木村真樹[キムラマサキ]
公益財団法人あいちコミュティ財団代表理事。コミュニティ・ユース・バンクmomo代表理事。1977年愛知県名古屋市生まれ。静岡大学卒業後、中京銀行勤務を経て、A SEED JAPAN事務局長やap bank運営事務局スタッフなどを歴任。地域の課題解決に地域の“志金”を生かす「お金の地産地消」を推進したいと、2005年にコミュニティ・ユース・バンクmomo、2013年にあいちコミュニティ財団を設立し、NPOやソーシャルビジネスへの助成・補助・融資による資金支援と、ボランティアとの伴走支援に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)