中居正広 しゃべり屋の本懐―MCに懸けた男の13の言葉

個数:
電子版価格 ¥1,056
  • 電書あり

中居正広 しゃべり屋の本懐―MCに懸けた男の13の言葉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月03日 14時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 152,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862042774
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0095

内容説明

賑やかなトークでテレビ界を席巻する「中居くん」。心にためていた考えや想いを、言葉にする瞬間がある。“ホント”の姿を読みとく試み。

目次

1 しゃべり屋の流儀(俺、まとめらんねぇよ。怪獣ばっかだぞ!;これは、まずいな;ディーブイディー(DVD)でしょ~(笑) ほか)
2 中居くんのホントは、どこ?(シブめに話したところ、全部、ウソですけど、大丈夫ですか?;許してもらわないと、ぼくは前に進めないし、許さないと、相手も前に進めない…;寂しくて、寂しくて、寂しいという気持ちしかありませんでした ほか)
3 中居くんの大事な話(なんで、この時期なんだろう?;これを覚えることで、ちゃんとできるんだ…;師匠! ほか)

著者等紹介

キカワダケイ[キカワダケイ]
1977年、東京都生まれ。大手芸能誌の編集者を経て2002年、フリーランスのライターとして独立。主に雑誌やweb媒体を中心に活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

R As Well

0
妻と「中居くんが出ている番組は面白いし出演者もみんな楽しそう」という話をちょうどしていたその翌日に目に入ってきたので読んだ。中居正広のこれまでのテレビや雑誌での発言や出演歴をつぶさに追い、その解説を丁寧に試みている。豊富な情報量から、中居正広そしてそれを取り巻く芸能界の大物たちの心象風景が立ち上ってくるようで面白く読めた。ただ、せっかく現代の人物を扱っているのだから、当時の写真などをもっと使っても良かったのではないかと思う。2016/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9834015

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。