ごみ収集という仕事―清掃車に乗って考えた地方自治

個数:
  • ポイントキャンペーン

ごみ収集という仕事―清掃車に乗って考えた地方自治

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2019年03月21日 15時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861871504
  • NDC分類 518.52
  • Cコード C1031

内容説明

若手研究者が新宿区内で9カ月にわたってごみ収集を体験。清掃という仕事の奥深さ、日があたらない場所で真摯に働く職員の姿、歌舞伎町や新宿二丁目のごみ事情、民間委託の問題点、そして本来の地方自治のあり方について論じる。

目次

プロローグ 現場主義を貫く
第1章 初めてのごみ収集
第2章 研究者が体験した収集現場
第3章 多様な仕事
第4章 委託の現場
第5章 清掃行政の展望

著者等紹介

藤井誠一郎[フジイセイイチロウ]
1970年生まれ。同志社大学大学院総合政策科学研究科博士後期課程修了。博士(政策科学)。行政管理研究センター客員研究員、同志社大学総合政策科学研究科嘱託講師、大東文化大学法学部政治学科専任講師、立教大学コミュニティ福祉学部兼任講師などを歴任。大東文化大学法学部政治学科准教授。専門は地方自治、行政学、行政苦情救済(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

1年近く清掃現場で収集を体験した研究者が、仕事の奥深さ、日があたらない場所で真摯に働く職員の姿、地方自治のあり方を論じる若手研究者が新宿区内で9カ月間にわたって、ごみの収集を中心に清掃指導や環境学習などを体験。

それに基づいて、過酷な清掃という仕事の奥深さ、日があたらない場所で真摯に働く職員の姿、歌舞伎町や新宿二丁目のごみ事情、民間委託の問題点、そして本来の地方自治のあり方について論じる。

第1章 初めてのごみ収集

 1 梅雨空のもとでの収集作業

 2 新宿区の清掃行政



第2章 研究者が体験した収集現場

 1 過酷な炎天下)

 2 新たな発見と年始の惨状

 3 軽小型車の機動的収集

 4 不燃ごみと破袋選別

 5 ごみから見える新宿二丁目

 6 さまざまな現場と向き合う



第3章 多様な仕事

 1 収集を支える

 2 歌舞伎町での奮闘

 3 女性の活躍と運転手

 4 ふれあい指導

 5 環境学習 

 6 巡回で見えてくること

 7 檜舞台の裏で



第4章 委託の現場

 1 委託の仕組み

 2 雇上・車付雇上の声

 3 委託化の問題点

 

第5章 清掃行政の展望

 1 自治体の行政改革

 2 清掃職員が創造している価値

 3 これからの清掃事業

藤井 誠一郎[フジイ セイイチロウ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件