ロシア新戦略―ユーラシアの大変動を読み解く

個数:

ロシア新戦略―ユーラシアの大変動を読み解く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月28日 00時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 433p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784861823794
  • NDC分類 302.38
  • Cコード C0031

内容説明

2012年、ロシアは大きな転換点を迎えた。ソ連崩壊20年、プーチン大統領の復活、そしてアラブの春に続き民主化運動も噴出した。本書は、欧米にも深いパイプを持つロシアを代表する専門家が、エネルギー資源の攻防、ロシア・中国・米国によるユーラシアの覇権を賭けた“グレートゲーム”、旧ソ連諸国の内情、そして日本との関係などについてまとめた、21世紀ロシアとユーラシアの現在と未来を知るための必読書である。

目次

序章 帝国不在時代のユーラシア
第1章 帝国の崩壊とポスト帝国の状況
第2章 地政学と安全保障
第3章 経済とエネルギー
第4章 人口動態と移民
第5章 文化、イデオロギー、宗教
終章 ユーラシアの新しい物語
「帝国」は復活するのか、そして日本は―日本語版解説
ロシアおよび周辺諸国データ

著者等紹介

トレーニン,ドミートリー[トレーニン,ドミートリー][Trenin,Dmitri]
カーネギー国際平和財団モスクワ・センター所長。現代ロシア・旧ソ連諸国の安全保障政策について、モスクワを拠点とするロシア人研究者の中でも、最もバランスのとれた分析を行う専門家として定評がある。1955年生まれ。1977年、ソ連国防省軍大学(モスクワ)卒業。1984年、ソ連科学アカデミー・アメリカ・カナダ研究所修了。1972~93年、ソ連/ロシア軍に勤務。東独ポツダム駐在ソ連軍集団対外関係部連絡士官を経て、1985~91年には、米ソ間で行われた「戦略核兵器削減条約(START)」交渉など、核・宇宙兵器交渉のソ連側代表団としてジュネーヴに勤務

河東哲夫[カワトウアキオ]
1947年生まれ。ハーバード大学大学院修士(ソ連研究)。1970年、外務省に入省し、在ボストン総領事、在ロシア大使館公使、在ウズベキスタン・タジキスタン大使などを歴任する。2004年、日本政策投資銀行設備投資研究所上席主任研究員。2006年、東京財団上席研究員、早稲田大学大学院客員講師を兼任

湯浅剛[ユアサタケシ]
1968年生まれ。上智大学外国語学部ロシア語学科卒、同大学院外国語学研究科国際関係論専攻博士後期課程満期退学。2000年、防衛庁(当時)防衛研究所助手。現在、防衛省防衛研究所主任研究官。在デンマーク日本大使館専門調査員、上智大学・慶應義塾大学非常勤講師などを経て、北海道大学スラブ研究センター共同研究員、財団法人・東洋文庫客員研究員などを兼任

小泉悠[コイズミユウ]
1982年生まれ。早稲田大学社会科学部卒、同大学院政治学研究科修了。民間企業勤務を経て、外務省国際情報統括官組織に専門分析員として勤務。2010年、日露青年交流センターの若手研究者等派遣フェローシップで、モスクワの世界経済国際関係研究所に留学。現在は、財団法人未来工学研究所研究員。軍事政策を中心とするロシアの安全保障政策を専門としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

中年サラリーマン

15
厚みもすごいが内容も濃い。これは一度読んだだけでは消化しきれない。現在のウクライナ情勢の混沌につながる要素みたいな歴史もさりげなくおりこまれていたりなんかしてとても面白い。2014/04/26

メルセ・ひすい

3
15-159 「日本から一時間で行けるヨーロッパ」!文化は測り知れず深く豊かで、人々は温かく感情に富み、青年達は自由闊達、かつ豊かな想像力を持つ。いま民主主義?民営経済に移行した。日本との棘、領土問題さえ解決すれば日本人の心・生活に多大な文化的パワーを与えるに違いない。21世紀ロシアのフロントは、極東にある。エネルギー資源をめぐる攻防、噴出する民主化運動、ユーラシア覇権を賭けた露・中・米の“グレート・ゲーム”、旧ソ連諸国の内情などについてソ連ロシア軍幹部の第一人者が自伝的にまとめている。帝国からロシアへ…2012/05/18

寶達ベミュ

2
昔読んで登録してなかった本の、21世紀初頭ロシアのスターリン評価についての部分を読み直したので引用する。"「大衆」は、秩序の回復ーー人気漫画の台詞に「彼ならその『悪(テロ)』とうまく戦う方法を知っている」とあるーー、汚職の撲滅、上司の横暴阻止を願って、スターリンの方を向いているのである。多くの一般人は、それぞれの立場で、スターリンをまずもって帝国の建設者、そして戦時指導者と見ているのである。彼らにとって、スターリンとは強い国家、完璧に近い秩序、さらには畏怖の念を抱くような帝国の象徴でもある。"(350頁)2020/03/22

ushimanm5

1
グルジア紛争後に書かれた、「ロシア人から見たロシア」の本である。知性溢れる筆致により、冷静に描かれた、内側から見たロシアはダイナミズムに溢れつつも八方に問題を抱えている。それらロシアが抱える問題の根源や経緯と、ロシアが地域の指導的立場に立つために必要な物事について筆者から提起され、本書は締められている。対ウクライナ関係についてもロシア人の立場から記されており参考になる。2020/05/30

可兒

1
動きつつあるロシアについて勉強2014/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4699583

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。