地図リテラシー入門―地図の正しい読み方・描き方がわかる

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり

地図リテラシー入門―地図の正しい読み方・描き方がわかる

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2024年07月18日 16時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860646660
  • NDC分類 448.9
  • Cコード C0025

出版社内容情報

Googleマップの登場によって、「地図」は便利で身近なものになりました。しかしその一方で、地図を正しく読む力や正しく作成する力ないままに利用されたために、誤った地図や恣意的な地図が出回るようにもなりました。そうした弊害をなくすには、“読み書きそろばん"と同じように、地図を正しく扱えるスキル(=地図リテラシー)を身につける必要があります。そこで本書では、地図を作る側の視点から、地図の正しい読み方や作り方を解説していきます。「地図とは何か」からはじまり、「地図の誤った使われ方」を通して「地図の正しい作法」「地図のしくみ」をフルカラーで豊富な図版とともに学んでいきます。「電子地図」を含め、地図に関する知識をくわしく基本から網羅した最強の「地図の教科書」です。

内容説明

私たちがふだん目にする地図は、必ずしも正しく表現されているとは限りません。地図にはルールがあります。本書はそのルールと原理を学び、正しく地図を読み取り描けるようになるための教科書です。

目次

第1章 地図はなにを伝えているのか
第2章 地図のおかしな使われ方
第3章 伝えられる地図の作法
第4章 より伝わる地図にするための工夫
第5章 世界が丸いことを理解する
第6章 紙地図から電子地図とGISへ

著者等紹介

羽田康祐[ハダコウスケ]
1981年、広島県生まれ。奈良大学文学研究科地理学専攻修了、修士(文学)。2005年、米国GISソフトウェア企業の国内総販売代理店に入社し、GISの導入コンサルティングやトレーニング講師、技術サポートなどに従事。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、CompTIA CTT+Classroom Trainer(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Koning

46
地図表現が間違っていると正しい情報が伝わらないことを紹介。投影法のあれこれを割ときっちり書いてくれている。最後はGISも出てくる。GoogleMapの問題点とかもちゃんと書いててGISやろうって人は読んでおくとよいと思う。著者は米国GIS会社の日本代理店でどーたらと書いてあったので、ESRIの人なんかな?2021/10/02

Bartleby

16
必要があって読む。地図の図法を知る必要があったから。じつに種類が多様。地球という楕円体を平面に投影するというはなから不可能な試みなのに、何なのだこの情熱は。まったく意識していなかったが読むにつれて気がつくのは、ひとつは地図と軍事が密接に結びついていること。国土地理院もそもそも以前は陸軍参謀の管轄下にあった。もう1つ面白かったのは、GoogleマップはWGS84という楕円体モデルを用いているがマップには真球として表示しているため拡大すると位置のズレが生じるという指摘2023/09/30

paluko

9
日常生活の中でのいわゆる「地図の読み方」に熟達するための本かと思っていたら違った。丸い(しかも真球ではなく回転楕円体)地球を平面の地図に落とし込むという無理ゲーに挑戦した先人の努力の結晶が「地図」であり、現在はGIS(地理情報システム)としてなお進化を続けている。113頁にある「地物」と「地貌」の説明で『星の王子さま』に出てくる地理学者の「はかないもの」という発言を思い出した。地理学者が出てきたり、日の入りを見るために一日何度も椅子を動かす王子様の記述。サン=テグジュペリは丸い地球を体感していたのだろう。2023/09/21

アメヲトコ

8
2021年刊。著者はGISソフトを作っているESRIの中の人。今やパソコンやスマホの普及で誰でも気軽に地図を読めたり書けたりする時代ですが、一方でそれゆえにきちんとしたリテラシーが行き渡っていないとの危機感から書かれた一冊です。説明が非常に分かりやすく、いかに自分が分かっていたつもりで分かっていなかったかに気づかされます。明石の日本標準時子午線とGPSでは経度の考え方が違っていて、後者で子午線地点で計測しても東経135度ぴったりにならないとか、このあたりほんと複雑。2024/02/02

dahatake

4
教養としての地図の取り扱い。入門と銘打ってるが、中級編くらいまで踏み込んでる。正に教養として知っておきたい。 データの表現の仕方とそのキャンバスとしての地図の話もある。そこを理解ぜずにマスメディアも地図を使ってる。チェック機構も機能不足。 地図が限りなく球体に近い地球のモデリングに過ぎない事。その典型例が楕円形である地球を真球とみなしてる Google Map。WGS84楕円形とみなすと、北海道の宗谷岬は南北21kmずれる。また、地図上の道路の幅は、その縮尺とは一致しない表現もされている。2022/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18170946
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。