恐怖―ダリオ・アルジェント自伝

個数:

恐怖―ダリオ・アルジェント自伝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月25日 18時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 430p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784845920136
  • NDC分類 778.237
  • Cコード C0094

出版社内容情報

“ホラーの帝王” ダリオ・アルジェントの自伝、待望の翻訳!





ホラー映画の伝説的存在であるダリオ・アルジェントは、その特異な作品群でクエンティン・タランティーノやジェームズ・ワンなど同時代の映画人たちをはじめ多くのクリエイターに影響を与え続けている。『サスペリア』、『フェノミナ』、最新作『ダークグラス』など独自の美学を追求した画期的なホラー/サスペンス映画で成功を収めてきた“ホラーの帝王”が、恐怖に魅入られた幼少期、愛する家族、自らの作品とその俳優や仲間たち、輝かしいキャリアと試練や苦難、強迫観念や倒錯的な夢について、その比類なき人生を鮮やかな筆致で明かす。



・初期ジャッロ三部作から、出世作『サスペリアPART2/紅い深淵』、ホラー映画の金字塔『サスペリア』、そして最新作『ダークグラス』まで……“戦慄の巨匠”が全自作について、百戦錬磨の映画術を語る!

・世界的に有名なアルジェント専門家アラン・ジョーンズによる注釈付き。

・撮影現場やオフショットを含む貴重な写真をカラーで収録。



ホラー映画ファン必読の、歴史的な一冊。

内容説明

独自の美学を追求するホラー/サスペンス映画の巨匠が、恐怖に魅入られた幼少期、愛する家族、自らの作品とその俳優や仲間たち、輝かしいキャリアと試練や苦難、強迫観念や倒錯的な夢について、その比類なき人生を鮮やかな筆致で明かす。全自作を語る!“ホラーの帝王”ダリオ・アルジェントの自伝、待望の翻訳!

目次

母、そしてディーヴァたち
怪人
その他、子供時代に印象的だった人々
恐怖の夏
パリでの日々
育ち盛り
ラブ・アクチュアリー
二重のお祝い
セルジョ・レオーネ
蜘蛛の巣
鳥が巣立つ
それでこれはジャッロなのか?
娘、フィオーレ
災難
クロスワード・パズラー
動物の襲来
鏡を通して
女たち
路線変更
サーベルタイガー〔ほか〕

著者等紹介

アルジェント,ダリオ[アルジェント,ダリオ] [Argento,Dario]
1940年、イタリア・ローマ生まれ。世界中のクリエイターに影響を与える“ホラーの帝王”。映画プロデューサーの父親と写真家の母親を両親に持ち、新聞『パエーゼ・セーラ』で映画批評を担当したことから映画との関わりが始まる。セルジョ・レオーネ監督作『ウエスタン』(1968)でベルナルド・ベルトルッチとともに原案に携わり、以降数々の脚本を手がける。『歓びの毒牙』(1970)で映画監督デビュー、『わたしは目撃者』(1971)、『4匹の蝿』(1971)を含めた“動物3部作”でジャッロ映画の人気監督の地位を確立。2019年にはイタリアのアカデミー賞と呼ばれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞のダヴィッド特別賞を受賞

野村雅夫[ノムラマサオ]
1978年生まれ。大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)イタリア語学科卒業。その後、同大学院で映画理論を学びながら、パゾリーニ作品を研究する。在学時に同好の士を集め、イタリア文化紹介を行うサークルを結成し、後に京都ドーナッツクラブとして株式会社化した。日本未公開の映画上映イベントを多数主催し、字幕制作や解説などを行う、Eテレなどテレビでの映画紹介の企画から出演までを担当。2008年からはラジオDJとしても活動

柴田幹太[シバタカンタ]
1978年、山形県生まれ。大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)でイタリア語を学び、同大学院修士課程で脚本家チェーザレ・ザヴァッティーニのネオレアリズモを研究。のちに「モノとしての映画=フィルム」に関心を移し、ボローニャ大学に留学、2年弱の留学期間中に映画三昧の日々を過ごす。帰国後、2008年から映画フィルムの現像所に勤務、映画の復元技術者となり現在に至る。京都ドーナッツクラブでは、日本未公開や過去のイタリア映画の字幕翻訳を多数担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

179
以前から気になっていたダリオ・アルジェントの自伝を図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。映画の内容からもっとぶっ飛んだ人生かと思いきや、意外と真面目な映画監督でした。 元ジャーナリストだけあって文章も巧いです。このレビューはサスペリアのテーマ曲を聴きながら書きました♪ https://www.youtube.com/watch?v=ZD3II6fHV18 http://filmart.co.jp/books/filmmaker/dario_argento/2023/12/05

パトラッシュ

115
井上ひさし流に言えば「狂気じみたことを楽しく、楽しいことをまじめに、まじめなことを斜め上に、斜め上なことをストレートに、ストレートなことを歪み切って、そして歪み切ったことはあくまで歪んだままで」というのがダリオ・アルジェントの映画論か。当人はイタリア男らしい陽気な女好き(かなりお盛ん)で職人気質なのだが、こと映画に関しては頭のネジが確実に1本は飛んでいる。こんな人がホラー映画を製作すると、あんな気持ち悪い神経を逆なでするような作品になるのも当然か。映画の道に進んでいなければシリアルキラーになっていたかも。2023/12/25

dungeonn

3
★3 大好きなだりおの反生記なんだけども、翻訳が悪いのかな?非常に読みづらかった。仕方なくサスペリア1.2とフェノミナのところを拾い読み。撮影に関するこぼれ話がとても面白かった。サスペリア2のラストの犯人が口から吐き出す液体はビールやって!また同作の突然出てくるオートマタのシーンはやはり周りの人たちからカットしろ!と散々言われまくったらしいよww ファンとのトークショウのあと、前もっての予定もなく大勢でパブに押しかけてビール飲みに行ったのは羨ましい限り、このへんやっぱりイタリア人っぽいなあ!2024/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21230215
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。