辺境の旅はゾウにかぎる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860110833
  • NDC分類 292.09
  • Cコード C0095

内容説明

アヘン王国脱出から、角田光代、井原美紀、内澤旬子、船戸与一、大槻ケンヂとの対談、辺境の視線で読む書評と、辺境作家・高野秀行の魅力をすべて詰め込んだ一冊。

目次

ケシの花ひらくアジアの丘(「辺境」へ。それは、ブラックボックスをのぞく旅;アヘン王国脱出記;テレビの理不尽「ビルマロード」世界初完全踏破の裏側 ほか)
対談 辺境+越境(角田光代「旅―自由気ままもムズカシイ。」;井原美紀「人生は旅だ!冒険だ!」;内澤旬子「現場が一番おもしろい!エンタメ・ノンフィクション宣言」 ほか)
辺境読書―エンタメ・ノンフ+ブックガイド(「謎モノ」との出会い―エンタメ・ノンフとは何であるのか;旅に持って行きたい文庫;歴史的事実に沿った現代中国の「水滸伝」 ほか)

著者等紹介

高野秀行[タカノヒデユキ]
1966年東京都生まれ。早稲田大学探検部当時執筆した『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。タイ国立チェンマイ大学日本語講師を経て、辺境作家になる。2006年に『ワセダ三畳青春期』で第1回酒飲み書店員大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。