メディアリテラシーとデモクラシー―積極的公正中立主義の時代

個数:

メディアリテラシーとデモクラシー―積極的公正中立主義の時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月29日 11時11分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846013288
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0030

内容説明

メディアが果たすべき社会への役割。情報化社会の裏側に迫る。2012~14年に『サンケイEX』に連載した“メディア時評”のうち40篇を収録。

目次

第1部 メディアリテラシー(メディアリテラシーと情報の理解;現代メディアビジネスとナショナリズム;メディアの世論形成力学)
第2部 情報デモクラシー(知ることと知らせること、その権利と義務;メディアの倫理;コミュニケーションの新世界)
第3部 積極的公正中立主義の情報政策とメディア活動(報道における“積極的公正中立主義”の基本枠;メディアの防災・減災への取り組み)
特別収録:対談 戦場ジャーナリストの役割―ピーター・アーネットvs.渡辺武達

著者等紹介

渡辺武達[ワタナベタケサト]
1944年、愛知県生まれ。現在、同志社大学社会学部教授、同大メディア・コミュニケーション研究センター代表(2003‐7)、ハーバード大学客員研究員(2001年)、関西テレビ番組審議会委員(1996‐2010)。1980年代からテレビ制作に関わり、ファミリークイズやドキュメンタリー番組を作る。現在はCCTV(中国中央テレビ)などにも出演。専門はメディア政治経済学、メディアリテラシー論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。