こどもの一生/ベイビーさん―中島らも戯曲選〈1〉

個数:

こどもの一生/ベイビーさん―中島らも戯曲選〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月20日 20時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846009762
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0074

内容説明

瀬戸内海の小島に作られた精神療法のクリニック。そこに集まった五人の男女。治療によって意識がこどもへと戻るなかで起こる恐怖の惨劇。仮想現実の世界が現実へと参入する(『こどもの一生』)。戦時中、軍隊を慰問するサーカス集団。一癖も二癖もある団員たちと不思議な動物ベイビーさん。彼らを検閲する軍部との間で繰り広げられる、切ないまでにおかしく、醜いまでに美しい物語(『ベイビーさん―あるいは笑う曲馬団について』)。

著者等紹介

中島らも[ナカジマラモ]
1952年、兵庫県生まれ。作家、ミュージシャン。作家として『今夜、すべてのバーで』で第13回吉川英治文学新人賞受賞。『ガダラの豚』で第47回日本推理作家協会賞長編賞受賞。執筆のかたわら、バンドでのライブや舞台の活動も精力的に行い、1986年には劇団「笑殺軍団リリパット・アーミー」を立ち上げ、公演を行った。2004年7月26日、階段からの転落事故による脳挫傷、外傷性脳内血腫のため死去。享年52歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。