叛乱の六〇年代―安保闘争と全共闘運動

個数:

叛乱の六〇年代―安保闘争と全共闘運動

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 306p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846008802
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0036

内容説明

安保闘争、全共闘運動とはなんだったのか。同時代を駆け抜けた著者が経験や回想録としてではなく、冷静に問いなおす時代と「叛乱」の可能性。

目次

歴史の当事者性
日本の新左翼運動―二つのピークとその帰結
安保ブントの結成と解体
高度成長と戦略思想
言論戦と暴力と―『安田講堂1968‐1969』(島泰三)を読む
逸脱する革命―一九六八年革命の思想的意味
歴史の平均値―『1968』(小熊英二)を読む
自由のつけ―全共闘運動40年
一九六八年の後遺症
アメリカ、アメリカ―安保闘争と日米同盟
党のゆくえ
「反核異論」のころ
1980年

著者等紹介

長崎浩[ナガサキヒロシ]
1937年東京生まれ。東京大学理学部卒業。六〇年安保闘争に共産主義者同盟の一員として、東大全共闘運動に助手共闘として参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。