里村欣三の旗―プロレタリア作家はなぜ戦場で死んだのか

個数:

里村欣三の旗―プロレタリア作家はなぜ戦場で死んだのか

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年10月17日 00時15分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 438p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846008437
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0021

内容説明

昭和20年、フィリピン・バギオで戦死した作家里村欣三。関中ストライキ、交通労働運動と入獄、徴兵忌避・満洲逃亡、プロレタリア作家から従軍作家への「転向」。誤解され続けてきた作家の謎、波乱の人生の核心に、新資料と文献を渉猟して迫る意欲作。

目次

第1部(青春の里村欣三;ホタルと新選組;本名とペンネームの由来)
第2部(里村欣三と日本社会主義同盟;『暁鐘』をめぐって;労働運動上の傷害事件はあった;朴烈との交友)
第3部(里村欣三の満洲逃亡期間を考える;ハルピン、トルゴワヤ街とはどこなのか?;里村欽三の満洲関連作品を読む;里村欽三の「上海体験」;プロレタリア文学運動の渦中で)
第4部(徴兵忌避を自首;中国戦線従軍と転向;マレー戦線にて;フィリピン戦線での死)

著者等紹介

大家眞悟[オオヤシンゴ]
1947年12月、和歌山県生まれ。奈良教育大学卒業。いわゆる「団塊の世代」の一員で、全共闘運動を体験。一時大工左官等の建築労働組合事務局に勤務、その後は印刷関連会社の現場オペレーターとして生活、定年退職後、障がい者のガイドヘルパーに従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。