新しい主人公の作り方―アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術

個数:
電子版価格 ¥2,299
  • 電書あり

新しい主人公の作り方―アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月23日 00時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784845913039
  • NDC分類 901.27
  • Cコード C0074

内容説明

ヴァージン、ヒーロー、娼婦、臆病者、母/女神、愛人/王、ファム・ファタール、暴君、老婆、メンター、魔女、守銭奴―映画、TV、ゲーム、小説…物語に欠かせない「女性性(ヒロイン)」の自己実現の旅を描く。創作に使えるワークシート付き。

目次

第1章 アーキタイプの理論(アーキタイプの理論;ユング理論の基礎 ほか)
第2章 ヴァージンの旅(依存の世界;服従の代償 ほか)
第3章 アンチ・ヴァージンのストーリー(『マンマ・ミーア!』と『40歳の童貞男』の場合)
第4章 ヒーローの旅(平凡な世界;冒険への誘い ほか)
第5章 脚本の構成(三幕構成;ビートシート ほか)

著者等紹介

マッケンジー,シカ[マッケンジー,シカ]
関西学院大学社会学部卒。「演技の手法は英語教育に取り入れられる」とひらめき、1999年渡米。以後ロサンジェルスと日本を往復しながら、俳優、通訳、翻訳者として活動。教育の現場では、俳優や映画監督の育成にあたる。ウェブサイト英語劇ドットコムを通じ、表現活動のコンサルティングも行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

磁石

10
ヒーローに代わる女性型のアーキタイプ、ヴァージン。ヒロインではなくそのような名にしたのは、付属物という感覚を払拭するためで、まさにヒーローとは違うあり方を持っている。その目的は自己実現、内面に向かい育みソレと世界とを調和させること。この手の物語のロードマップを整備してくれたことは、非常にありがたいと思う。ただ、ヴァージンの目的には「美」というものはあっても、「善悪」とか「真理」がその射程に入っていない気がしてならない。物語で人を感動させるという点においては、物足りなさを感じてしまう。2015/01/13

蒼1228

3
図書館。よくある英雄物語ではなく、女性的な主人公の物語の型もあるという本。実際の映画の展開を元に解説。こういうのもあるのね、と参考にぱらぱら読む。似た系統のストーリーを書きたい場合にはいいのかな。2021/06/02

AQL

3
「ヒーロー」に対して(ヒロインではなく)「ヴァージン」というキャラクターを、さらに「旅(自己犠牲)」に対して「王国(自己実現)」というストーリーを設定したのは一頭地を抜く卓見。2015/08/04

Yoko Narano

1
「外に出て敵を倒し宝物を持ち帰る」ヒーローの物語もあれば、「より輝く自分自身になる」女性的アーキタイプ、ヴァージンの物語もある(ヴァージンは男性であることも当然ある)。後者の特徴は、最初の依存・服従の世界から、少しずつ輝きを発揮する秘密の世界を作っていって、行き来し、その輝きが発覚してコミュニティ(王国)に混乱を与えるが、もろもろを乗り越えてヴァージンも王国も変わる、つまり新たな秩序を再構築する、ということ。ヒーロー物語作成用のシナリオ教本では満たされなかった内容がある。面白かったです。2018/03/14

キツノカ

1
遠い空の向こうにという最近見た映画が、この本に書かれている類型に一致していて興味深く読めた。2013/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6574914
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。