女性のみた近代 〈011〉 アンソロジー戦時下の女たち 高良留美子

個数:

女性のみた近代 〈011〉 アンソロジー戦時下の女たち 高良留美子

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 263p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784843300992
  • NDC分類 081
  • Cコード C3336

出版社内容情報

女性の言説から歴史を検証。近代とは何だったのか?

明治期から戦前までに刊行された女性による評論・ルポルタージュ・エッセイ・等の中から、時代の証言としての価値があり、研究者の需要の高い単行本を精選集成。「 <新しい>女たち/ 戦時下の女たち/ 女と労働/ 女と生活/ 女と異郷」の5本の柱をもとに、歴史的視点で女性的言説の変遷がみえるように構成。各巻末に第一線の研究者による解説を収録。第三回配本では、5本の柱ごとに1巻づつ、新聞・雑誌等に掲載された女性による言説で、単行本にはならなかったものを新たに編集したアンソロジーを刊行。隠蔽された局面を浮上させ、今日の抱える問題を照射する好資料。


本書を推薦します!

ポスト産業社会へ向かう言説分析に不可欠な資料 城西国際大学学長 水田宗子

くりかえし立ち還ることのできる証言の宝庫 東京大学大学院教授 上野千鶴子

女性の言説と他者の言語  近畿大学教授・評論家 関井光男

男の書かないところへ目をむける 国際日本文化研究センター助教授 井上章一