「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法

電子版価格 ¥1,152
  • 電書あり

「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838725557
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0095

内容説明

さり気ないひと言で、煮つまった空気をガラッと変えよう!「空気」を制して勝者になるか?「空気」に呑み込まれて敗者になるか?その場の空気を一瞬で変える4つのテクニック。

目次

第1章 「空気」を動かすことがなぜ重要なのか?(「空気」を動かせることが名将の条件;突然1000億円の借金を背負ったら… ほか)
第2章 「空気」の違いを知る(問題への「問い」を設定することで生まれる「空気」;思い込みに誘発されて生まれる「空気」 ほか)
第3章 「空気」を動かす方法(現実に対して新しい「問い」を設定する;体験的な思い込みを解消する ほか)
第4章 「空気」を読めるとは、どういうことなのか?(一流の人、粋な人は美しく「空気」を読んでいる;従順ならざる唯一の日本人と評された人物 ほか)
第5章 「空気」を動かすテクニック(現実に対して新しい「問い」を設定する;体験的な思い込みを解消する ほか)

著者等紹介

鈴木博毅[スズキヒロキ]
1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後、国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

さり気ないひと言で、
煮つまった空気をガラッと変えよう!
「空気」を制して勝者になるか?
「空気」に飲み込まれて敗者になるか?
煮つまったその場の空気を一瞬で変える
4つのテクニック。

21世紀は自由で豊かな社会が実現されると思ったのに、
予想に反して現代日本は、いまだに空気に縛られて
なんだか息苦しい社会だと感じている人は多いはず。
●空気をどう読めばいいのか理解したい人
●空気を読み過ぎる息苦しさから解放されたい人
●ビジネスや人間関係、恋愛の空気を動かしたい人
このような人たちの問題解決のための1冊。

日本人特有の組織的な問題を読み解いた『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)が
ベストセラーとなった著者が、
本書では「空気」をキーワードにしたコミュニケーション術を展開し、
日本人特有のコミュニケーションの問題点と解決法を紹介する。
職場や家庭、サークルなど複数の人が集まれば、
そこに「空気」が生まれ、その「空気」の取り扱いのまずさが、
さまざまな問題を引き起こす。
とくに日本人は「空気」の取り扱いが苦手で、
そのために過去には国家レベルでの失敗(戦争、公害対策)も冒してきた。
でも、その苦手さを克服しなければ、
これからグローバル社会の中で日本人はますます生きにくくなっていく。

「空気」を制して勝者になるか?
「空気」に飲み込まれて敗者になるか?
自分を生きやすくするための<空気の動かし方>を身につけよう。

プロローグ 「空気」とは何か?
第1章 「空気」を動かすことがなぜ重要なのか?
第2章 「空気」の違いを知る
第3章 「空気」を動かす方法
第4章 「空気」を読めるとは、どういうことなのか?
第5章 「空気」を動かすテクニック

【著者紹介】
1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後、国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。わかりやすい解説の講演、研修は好評を博しており、顧問先には著名ランキングで顧客満足度1位の企業や、特定業界で国内シェアNo.1企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代人向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)の他、著書に『ガンダムが教えてくれたこと』 (日本実業出版社)、『超心理マーケティング』(PHP研究所)などがある。