中世ヨーロッパの城塞―攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞、および城壁都市

個数:

中世ヨーロッパの城塞―攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞、および城壁都市

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年09月23日 06時48分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 319p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784837306313
  • NDC分類 523.3
  • Cコード C3071

内容説明

本書では、城塞の詳細な構造を図説しながら、どのように戦いに用いられたのか、また、どのようにして生まれ、なぜ放棄されていったのかを、歴史的な戦いとともにわかりやすく解説。さらに、地域ごとに分けた多数の城塞を見取り図と写真を使って、詳しく説明している。

目次

第1章 中世築城の諸要素(グラード、モット・アンド・ベイリー、ベルクフリート、および、キープ;城塔 ほか)
第2章 中世前期の築城(暗黒時代の築城;イスラム帝国、ビザンツ帝国およびフランク帝国の築城 ほか)
第3章 城塞の時代(中世盛期初頭の築城;西ヨーロッパに登場した城塞群 ほか)
第4章 高くそびえる城壁の退場(百年戦争における大砲の運用;コンスタンティヌポリスの陥落 ほか)
第5章 中世の城塞と築城(グレート・ブリテン;アイルランド ほか)

著者等紹介

中島智章[ナカシマトモアキ]
1970年、福岡市生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。博士(工学)。日本学術振興会特別研究員(PD)などを経て、2012年3月現在、工学院大学建築学部建築デザイン学科准教授、早稲田大学大学院文学学術院非常勤講師。2005年、日本建築学会奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。