本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784835639826
  • NDC分類 596.04
  • Cコード C0077

内容説明

今日はもう、作る気力も体力も残っていない…「おうちごはんを作る人」の気持ちに寄り添う一冊。

目次

第1章 「ねばならない」にさようなら(なぜごはん作りはしんどいのか;料理研究家だって、毎日のごはん作りはしんどいんです;ハイレベルな料理がしんどさの原因 ほか)
第2章 理想と現実の間を埋める方法(大皿料理の落とし穴;洗い物を減らすためにお茶碗やめてみました;子どもが嫌いな野菜を食べさせる必要があるのか? ほか)
第3章 考えたくない日の「手間」を排除する料理が本当に楽になる実用レシピ(「包丁」と「まな板」を排除する;副菜はレンジにお任せ;味付けを排除する ほか)

著者等紹介

コウケンテツ[コウケンテツ]
1974年大阪府生まれ。料理研究家。旬の素材を生かした手軽でおいしい家庭料理を提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。また30か国以上を旅し、世界の家庭料理を学んだ経験も持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。