誘拐の長い午後

個数:

誘拐の長い午後

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784835567075
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

声優の卵である柏原麻美が誘拐された。親元に突きつけられた身代金要求額は10億円。だが柏原家は零細建設会社で、10億円を用立てられないことは一目瞭然だった。が、やがてそれは超巨大企業を巻き込んだ「代理誘拐」であったことが発覚する。ようやく事件の全貌が明らかになったかに見えたが―。現代社会の抱える不条理を、非凡な発想と巧妙なプロットで浮き彫りにした極上ミステリー。第二回U‐30大賞受賞作品。

著者等紹介

服部泰平[ハットリタイヘイ]
1978年、愛知県生まれ。追手門学院大学卒業。大阪府在住、生コンクリート・ポンプ圧送業。これまでの著作に『切手のない手紙』(文芸社)、受賞歴に古本小説大賞奨励賞など。『誘拐の長い午後』で、第2回U‐30大賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。