母の友の本
女のせりふ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 274,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784834080964
  • NDC分類 367.21
  • Cコード C0095

内容説明

女たちは、さりげなく、すごいことを言う…。暮らしの中で、文学作品で、有名無名の女性たちがつぶやいたひと言を聴きとり、そこにひそむものを共感と鋭い観察眼で読み解いたエッセイ集。120編を収録。

目次

私は会社と結婚したのに
女には名前なんていらないんですね
わたしが殺せないところまで成長した子供よありがとう
すぐ、女は幸せにされてしまうから
ご主人は、私よ
自分の年って、いつも気にいらないのよね
男の人ってタダのことはしないでしょ
夫と力を合わせてやったことって義父のお葬式だけ
「家庭生活」が移動しているだけなんですもの
「落ち度のないように」なんて、私、冷たい人間だった〔ほか〕

著者等紹介

伊藤雅子[イトウマサコ]
1939年、中国・大連生まれ。99年まで東京・国立市公民館職員として、主に女性問題学習に取り組む。著書に『子どもからの自立』(1975年度毎日出版文化賞受賞、現在は『新版・子どもからの自立』が岩波現代文庫に収められている)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スノーシェルター

21
ハッとしたり納得したりしながら読んだ。専業主婦だから独身だから生意気だから、と、女だから軽視されることはたくさんある。でも人間としてどうなの?それでいいの?と考えさせられた。2015/03/02

みなず

11
20〜30年前の、20世紀後半の“女のせりふ”なのに、女も男も変わっていない!!と思うのは、私の意識が変わっていないからだろう。他の人が読んだら、どうか、「こんなの古くさい!同じ人間のせりふか!?」と切り捨てることができる現実でありますように。まずは、私が“「考えて生きている毎日」”を過ごし、変わらなくては。2015/07/01

rin

7
★★★★…先日「82年生まれ、キム・ジウン」を読み終えてからというもの「女」という性別について考えることが増えた。そんなタイミングで手に取ったこの本には、スカッとしたり、ハッとしたり、ドキッとしたりする女のせりふが120も収められている。どうして男の人ばかり?と腹立たしくなったかと思えば、女だからできなくてもいいよね、なんて理由で逃げたり、自分の中の芯が定まらずに悪気なく性を言い訳にしていたけれど、これからはもっと自分の言葉、自分の考えを持ってこの世界を生きたいと思った。2019/03/24

ツキノ

5
積読本-53 続を先に読み、その後こちらも少しずつ読んでようやく読了。タイトルになっている他にも「せりふ」があり、その問題定義にいちいち考えさせられる。2冊のうちどちらか、というと続がおすすめ。2014/09/11

彩灯尋

3
いろいろ考えさせられることは多かったが、共感できない部分もあった。別に「痴漢に注意」という看板を男が作っていても違和感はないし、「夜は何を着て寝るか」という質問を下品だとする意味もよくわからないし、かわいいおばあちゃんになりたくないとも思わない。かわいいって言われることに抵抗はなく、むしろ喜びを感じるのは私がまだ20そこらの歳月しか生きていないからだろうなぁ。この本と私の感覚にちょっとしたズレを感じた。2015/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8082864

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。