かがくのとも傑作集<br> みんなうんち

個数:

かがくのとも傑作集
みんなうんち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 07時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 27p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784834008487
  • NDC分類 E

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のっち♬

110
「いきものは食べるから みんなうんちをするんだね」—たかがうんち、されどうんち、大きさや形、色や匂い、する場所まで生態系により様々だ。そんな生き物の多様な排泄の在り方を次々と描いたのが本作。らくだのうんちも同じこぶの数があるという嘘や、部分的に疑問系にしてみたりとアクセントの付け方も相まって、うんちを切り口に生態系への多角的な知的好奇心を読者に惹起させる趣きが本作の素晴らしさ。読者の食欲を減退させないユーモアを帯びた作画は作者の真骨頂。うんちは茶色でもその背景は「汚ない」で片付けられないくらいカラフルだ。2024/01/22

Kawai Hideki

109
現在、うんちのトイレトレーニング中で、二言目には「うんち!」と叫ぶ娘に。案の定、食いつきは良かった。五味さんの絵なのに、結構写実的だったのでびっくりした。娘は、「おむつでうんち」のところで、赤ちゃんが泣いているのは「なんで?」と質問しまくりだった。ちなみに、本書では「くじらのうんちはどんなの?」という問題提起で終わっているが、Google先生に聞いてみたら、えらいことになっていた。http://aqua2ch.net/archives/42442034.html2016/03/01

がらくたどん

79
生き物はご飯をたべるからみんなウンチをするんだね。もう数えられないほど読んできた絵本で今朝は胸いっぱいに。母の術後の下痢が医療連携でようやく終息したら肛門が腫れて排便が出来なくなり昨日はついに立てなくなったのだが訪問看護師さんの秘技で摘便成功。母も昨夜は安眠できた。でも便の固さを軟便一歩手前に薬で調整する事にしたため立つと腹圧で~。ついにウンチとの闘いの火蓋が!合戦の最中に本書を開き感無量。人は「生物」に還って後に分子となって散ってゆくのだな。頭は明晰な母が良く事態を受容しているとちょっと感心している。2022/09/27

79
「おなら」もゾウから始まってたけど、この本もゾウからスタート。ラクダもねずみもクジラもヘビも、そしてもちろん人間も、みんなうんちをする。生きるために食べるから。臭いとか汚いとか言ってるけれど、健康のバロメーターでもある大切な証。簡単な言葉と絵だけの絵本だから乳児からトイレトレーニング中の子を中心に、年中さんあたりまでが対象かな。五味さんの絵がとてもあたたかいです。2013/07/30

らったった

57
幼少の頃読んだという微かな記憶。今読んでみるとあの頃の自分以上に理解しているのかな(^^)2016/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547948
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。