採用ファースト経営―中小企業の加速度的成長を可能にする超攻撃的「人財ファースト戦略」の全貌

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

採用ファースト経営―中小企業の加速度的成長を可能にする超攻撃的「人財ファースト戦略」の全貌

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 04時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 244p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784833423595
  • NDC分類 336.42
  • Cコード C0034

内容説明

中小企業の加速度的成長を可能にする超攻撃的「人財ファースト戦略」の全貌。

目次

第1章 「採用ファースト経営」とは(人財戦略を最重視した経営手法;ハイクラスの新卒採用にこだわる理由;実証から生まれた「採用ファースト経営」)
第2章 「採用ファースト経営」実現のための社内改革(事業戦略と人財戦略を連動させる;新人が活躍しやすい業務形態に変える;採用体制を整える;昇級・昇格のロジックをガラス張りにする;若い人が働きたいと思える会社になっているか?)
第3章 中小企業が「新卒大量採用」を実現する方法(求める人物像を定める;マルチ・チャネルで母集団を形成する;動員力を高める施策;人材の見極め方;採用管理の省人化を図る;内定辞退率を抑える)
第4章 「即戦力化」と「定着化」の秘訣(早期育成が定着化につながる;成長度合いを見える化する;育成プログラム;定着率を改善する取り組み)
「採用ファースト経営」実践企業にインタビュー―ホンダカーズ佐賀代表取締役・岡野晃士氏(不人気業種×ローカルエリアからの脱却!「採用ファースト経営」で多角化を加速させる人財戦略)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

速読おやじ

7
新卒大量採用で加速度的成長を!というストーリー。今の会社で新卒採用は全く考えていなかったが、確かに人財が成長のボトルネックと常日頃言っているのだから、これはアリかも。▼早期育成ー業務の標準化と分業化、育成制度の充実▼新卒数を増やすと生産性は一時的に落ちるが中期的には大きなリターン▼8%成長のために人財を前倒しで8%+退社率分を増員▼これだけやればすぐに解決ソリューションを徹底的に情報共有▼採用専任者を置くー20代トップ▼いい人財は経営者が未来を語り続ける企業を選ぶ▼個人だけでなくグループ単位のMVP制度2020/03/27

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/08/27

Go Extreme

1
事業戦略の中に人財戦略がある時代→人財戦略そのものが事業戦略となる時代 採用ファースト経営:新卒大量採用→早期育成→定着化 コスト効率:新卒社員>中途採用 社内改革:企業ミッションと中期経営計画見直し→中期経営計画に基づく人員計画策定→即戦力化を可能にする業務・ビジネスモデル改革→採用体制整備→評価制度見直し→自社の魅力高める改革 通年採用+マルチ・チャネル化 即戦力化と定着化:能力・スキルの見える化・体系だった育成プログラム設計・定着化取り組み→定着率の管理&逃げ場の用意 2020/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15170220
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。