鎌倉資本主義―ジブンゴトとしてまちをつくるということ

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

鎌倉資本主義―ジブンゴトとしてまちをつくるということ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月17日 00時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784833423045
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0034

内容説明

給料をサイコロで決めている上場企業が考えた新しい「幸せの指標」。

目次

1 資本主義が面白くなくなってきた?
2 何をするか?誰とするか?どこでするか?
3 なぜ人はカマコンに夢中になるのか?
4 鎌倉資本主義をかたちにすると?
5 地域資本主義はどこに行くのか?
6 テクノロジーで何ができるか?

著者等紹介

柳澤大輔[ヤナサワダイスケ]
面白法人カヤック代表取締役CEO。1974年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。1998年、学生時代の友人とともに面白法人カヤックを設立。2014年に東証マザーズに上場。鎌倉に本社を構え、ゲームアプリ、キャンペーンアプリ、ウェブサイトなど、オリジナリティのあるコンテンツを数多く発信してきた。ユニークな人事制度、斬新なワークスタイルを導入し、新しい会社のスタイルに挑戦中。2013年、鎌倉に拠点を置くベンチャー企業の経営者とともに地域団体「カマコン」を立ち上げ、地域コミュニティの活性化に取り組むための場を支援している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MATSUDA, Shougo

56
面白法人カヤックと居を構える鎌倉の地域社会についての一冊。鎌倉は身近な事もあり、こういう地域と会社と仕事/働き方についてはこれからのwithコロナ的にも参考となると感じました。2020/07/12

kishi

21
地域活性化のための取り組みの紹介でした。すごくうまくいっている感じに書かれているのですが、実際、その通りなのか。ルポっぽい記事も読んでみたいと思いました。2019/06/26

かなすぎ@起業したエンジニア

17
「普通の社員食堂のつまらない部分はどこなのか、どうすればおもしろくなるのかを徹底的に考えて、その逆をいく社員食堂を開いたのです」っていう箇所が面白かった。面白い発送をするために、「普通」「つまらない」っていう状態を先に想像して、その逆を考えるというのはユニークだなって感じた。地域資本主義という考え方にはすごい合意できるし、それを株式会社で実現してるのはすごいなーという感想。株主に納得してもらわないといけなし、そういう自由なことができるくらいちゃんと収益のある事業があるんだなーと思いながら読んでいた。2020/10/08

Kentaro

16
「地域資本」は「地域経済資本:財源や生産性」「地域社会資本:人のつながり」「地域環境資本:自然や文化」、この3つの資本をバランスよく増やしていくことで人の幸せにつながる。そのために企業、行政、NPOといった地域のステークホルダーが一緒になって取り組む。これが鎌倉資本主義の骨子です。地域資本という価値を新しいモノサシで測ることによって、より持続的な成長を目指す。その結果として、地域の多様な発展を推進し、従来資本主義の課題である地球環境汚染と富の格差の拡大の解決につながっていく。いわば持続可能な資本主義です。2018/12/21

もぐ

14
図書館本。難しい内容も分かりやすく伝えてくれる。とても勉強に、そして未来に対して明るい気持ちになれる本でした。故郷の鎌倉、楽しそうだなぁ。 鎌倉(地域)資本主義は地域経済資本、地域社会資本、地域環境資本の3つの資本で構成されていて、短期的な経済合理性だけでなく、人とのつながりや自然や文化なども追求することが骨子。誰と、どこで、何をするのか。ジブンゴトとして参加する楽しさ。農業経営してる身としては共感できる。自分も、根を下ろしたこの土地で小さくても何か始められるのでは、と考えさせられる。2022/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13244921

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。