大阪大学台湾研究プロジェクト叢書<br> 民主化に挑んだ台湾―台湾性・日本性・中国性の競合と共生

個数:

大阪大学台湾研究プロジェクト叢書
民主化に挑んだ台湾―台湾性・日本性・中国性の競合と共生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月29日 21時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784833105897
  • NDC分類 312.224
  • Cコード C0022

内容説明

競合と共生の新たな社会へ―。抑圧された「虚構」の世界から脱けだし、競いあい、ぶつかりあい、対立する、自由で多元的な文化状況が生み出した、民主化台湾の価値観とは。

目次

序論 台湾の民主化運動―虚構との闘い
第1部 民主化への道のり(台湾民主改革過程の再検証と解決が待たれる歴史問題;台北高等学校と台湾の民主化―辜振甫の姿をとおして;台湾民主化と本土化の合流と共生)
第2部 民主化の前夜(流用と統合―戦後台湾における台湾研究の展開;一九四〇年代~一九六〇年代の台湾漫画―政治、イデオロギー、文化の場の競合;東アジアの初期ロック受容と「伝統」の創造―『〓嶺街少年殺人事件』の音楽から;不在のエクリチュールと歴史への臨場―楊牧「ある人が私に公理と正義について聞いた」を読む)
第3部 民主化が生み出した「台湾」(台湾民主化のもとでの学術研究―新清史を例として;台南の郷土研究における戦前と戦後―日本統治期から国民党統治期、さらに民主化・本土化の時代へ;台湾華語の現在と行方―台湾人アイデンティティの一要素としての可能性を探る)

著者等紹介

林初梅[リンショバイ]
大阪大学大学院言語文化研究科准教授。専門は言語社会学、アイデンティティ研究、近現代台湾研究

黄英哲[コウエイテツ]
愛知大学現代中国学部・大学院中国研究科教授。専門は台湾近現代史、台湾文学、中国現代文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。