北大文学研究科ライブラリ<br> 悩める人間―人文学の処方箋

個数:

北大文学研究科ライブラリ
悩める人間―人文学の処方箋

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年06月26日 23時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 257p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784832934009
  • NDC分類 002.04
  • Cコード C1095

目次

第1章 宗教は悩みにどう向き合うか
第2章 作家はつらいよ
第3章 平安文人官僚の切なる昇進の願い―小野道風と菅原文時
第4章 新しい社会原理の模索―三木清と国体イデオロギーの接点
第5章 書くべきか、書かざるべきか―マーク・トウェインの悩み
第6章 僥倖がもたらした苦悩と絶望―竹取の翁の人生を考える
第7章 是か非か、悩んだ果てに―荘子の悩み
第8章 思考抑制―忘れようとすると逆効果
第9章 学生相談に見る現代若者の悩み

著者等紹介

仁平尊明[ニヘイタカアキ]
1971年生、筑波大学大学院博士課程地球科学研究科修了。博士(理学)。現在、北海道大学大学院文学研究科准教授(地域システム科学講座)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世に悩みの種はつきもの。古今東西の文学や思想、歴史、社会科学の最新知見から、《悩める人間》というテーマにせまります。世に悩みの種はつきものです。一挙解消の妙薬は処方できませんが、古今東西の文学や思想、歴史、社会科学の最新知見から、文学部の講師陣が《悩める人間》というテーマにせまります。悩みについて知れば、人生を豊かにするヒントが見つかるかも。

仁平 尊明[ニヒラ タケアキ]
仁平 尊明
北海道大学大学院文学研究科 准教授