思想史家・丸山真男論

個数:

思想史家・丸山真男論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 405p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784831510150
  • NDC分類 311.21
  • Cコード C1031

内容説明

丸山真男が「本店」と称した日本思想史研究について、講義録等の最新資料を使いつつ、時代像と方法を軸に詳細に検討した初の本格的評論集。各分野の第一線の研究者による肉迫と対論から、立体的な丸山思想史の全体像がここに浮上する。

目次

1 “日本思想史”の全体像を中心に(原型(古層)論と古代政治思想論
“原型=古層”から世界宗教へ―『丸山真男講義録(第四冊)』を読む
丸山真男と近世/日本/思想史研究)
2 “方法”の問題を中心に(丸山思想史学と思惟様式論;丸山真男における自我の問題の一断面;丸山真男における近・現代批判と伝統の問題)

著者等紹介

大隅和雄[オオスミカズオ]
1932年福岡県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科国史専攻修了。北海道大学助教授、東京女子大学教授を経て現在、東京女子大学名誉教授。日本史・中世思想史専攻

平石直昭[ヒライシナオアキ]
1945年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。千葉大学助教授を経て現在、東京大学社会科学研究所教授。日本政治思想史専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。