企業の国際化、情報化と日本企業革新のトレンド

個数:

企業の国際化、情報化と日本企業革新のトレンド

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月26日 23時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 248p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784830948053
  • NDC分類 335.5
  • Cコード C3034

内容説明

国際化、情報化、革新、おもてなしの経営。製造、商業、金融の著名な大企業だけでなく中小規模のサービス・飲食業、老舗そして新興ベンチャーを含む多種多様な産業と多数の高成長・好業績企業の国際化、情報化、革新の成功事例を紹介。あわせて事業の国際化、情報化、革新のためのヒント、材料として国際化、情報化、革新の歴史と理論、そして外国企業の成功事例を紹介する。

目次

第1部 日本企業の直面する課題―国際化、情報化と企業の対応(経営国際化の前史と日本企業の国際化の歩み;日本企業の国際化の急務と多様な事業モデル・先進事例;グローバル企業への途;情報化と経営;情報革命と経営の変革)
第2部 事業の創生、成功、存続と事業思想(イノベーション、産業構造の変革と企業の盛衰;事業革新と急成長企業;日本の事業革新、事業思想の過去、現在;事業の成功・存続・復活の要因、熾烈な競争と新たな取組み)

著者等紹介

簗場保行[ヤナバヤスユキ]
1950年生まれ。現在、日本大学法学部教授。立教大学経済学部卒業、同大学院修了。EHESS(フランス・社会科学高等研究員)博士課程中退。明治大学講師、城西大学助教授を経て日本大学教授。2008‐2009年、カリフォルニア大学(バークレー)客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。