日本経済の復活と成長へのロードマップ―21世紀日本の通商戦略

個数:

日本経済の復活と成長へのロードマップ―21世紀日本の通商戦略

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月23日 13時52分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 251p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830947766
  • NDC分類 678.1
  • Cコード C3033

内容説明

バブル崩壊後20年以上にわたって低迷を続ける日本経済。エネルギー安定供給の不確実性、人口減少、高齢化、深刻な財政状況、経済の閉鎖性などの諸問題を抱える日本経済に復活・成長の可能性はあるのだろうか?本書は通商戦略に焦点を当て、処方箋を提示する。現在、日本経済にとって最も重要な通商戦略はTPPへの参加とRCEPの推進である。

目次

第1章 日本のFTA戦略とTPP
第2章 日本の対東アジア通商戦略
第3章 東アジア経済統合の新段階―日中韓経済連携の制度的収斂を求めて
第4章 日本の対外農業政策と今後の展開
第5章 サービス貿易等における日本の通商政策とその課題
第6章 貿易自由化交渉と人の移動をめぐる政策課題
第7章 エネルギー問題と通商政策
第8章 TPP、FTAAPの経済効果分析:Dynamic GTAPモデルによるシミュレーション
第9章 自由貿易をめぐる選好形成メカニズムとその国際比較―マイクロ・データを用いた実証分析
第10章 通商ルール定立の場としてのWTO―今後の可能性

著者等紹介

浦田秀次郎[ウラタシュウジロウ]
1950年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、スタンフォード大学経済学Ph.D.取得。世界銀行エコノミストを経て、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。