世界最強の現場力を学ぶトヨタのPDCA

個数:

世界最強の現場力を学ぶトヨタのPDCA

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月29日 02時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 121p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784828308531
  • NDC分類 336
  • Cコード C0034

出版社内容情報

「PDCAを回せればどんな会社も経営できる」はトヨタ元社長の奥田氏の言葉だが、それが真実であることを本書を読み実感してほしい

目次

序章 PDCAサイクルをいかに速く回すかが勝敗を決める(求められるのは「考えたことをどれだけ実行するか」である;素早い「修正力」で差をつけろ)
第1章 なぜトヨタ式は計画Pに時間をかけるのか(「計画に時間をかける」のがトヨタ式;問題を前に「なぜ」を5回繰り返せ ほか)
第2章 実行DこそがPDCAのエンジンである(アイデアがあったら、まずものをつくってみなさい;小さく始めて大きく育てろ ほか)
第3章 評価Cの基本は現地現物と微調整にあり(こまめに改善を繰り返せ;計画は大事だが、柔軟性も欠かせない ほか)
第4章 知恵をつけてさらなる改善Aを(「いいと思ったらトコトンやり続ける」のがトヨタ式;改善したところをまた改善してさらに改善しろ ほか)

著者等紹介

桑原晃弥[クワバラテルヤ]
1956年、広島県生まれ。経済・経営ジャーナリスト。慶應義塾大学卒。業界紙記者などを経てフリージャーナリストとして独立。トヨタ式の普及で有名な若松義人氏の会社の顧問として、トヨタ式の実践現場や、大野耐一氏直系のトヨタマンを幅広く取材、トヨタ式の書籍やテキストなどの制作を主導した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

0
問題にいち早く気づく→計画に時間→決まってからは一気呵成に実行→どうすればできるか 先見の明・十分な準備・決定後の実行力 真因:見つかるまで探す・白紙になってものを見る・原因は内に求める 夢にまで出るくらい考える 異論に耳を傾ける 明日やろう<今日やる ウェルチの2000年まで≒今すぐやれ 現実の変化・素早く対応・迅速な実行 景気のいい時こそ実行 診断士<治療士 見える化:関心の低下防ぐ・進捗状況共有・自然に評価 成功した時こそ反省:実行のプロセスチェック 改善したところ・また改善・さらに改善 PDCAF2020/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16452938

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。