絵本・ちいさななかまたち<br> とんとんみーときじむなー

絵本・ちいさななかまたち
とんとんみーときじむなー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 47p/高さ 21X23cm
  • 商品コード 9784494006434
  • NDC分類 E

出版社内容情報

沖縄のガジュマルの木には、ふしぎな力を持つきじむなーがすんでいて、少年とんとんみーと友達だ。   中央児童福祉審議会推薦/SLA選定

内容説明

南の島の小妖怪と少年の愛と勇気の物語。幼児~小学低学年以上。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みつばちい

12
沖縄のお話。沖縄の妖怪キジムナーは仲良しのとんとんみーを捕まえて食べてしまった男の子に復讐をしようとする。ところがハブを送り込もうとしたら、三線になったり、花になったりしてどうしても懲らしめることができない。やがて男の子と話し、彼もとんとんみーと呼ばれていることがわかった。しだいに彼に心惹かれていくキジムナーは、男の子を巨大だこから守るためにあるものに変化するのだった、、、 2017/11/22

いっちゃん

10
きじむなー目線で見ると、何だかかわいそうなお話。二度も友達と別れ、自分は木に。沖縄では有名なお話なのかな?2015/11/26

miyu

4
もうすぐ沖縄に行くので読み聞かせ。なかなか沖縄に関する絵本がないので、見つけられてよかったです。アダンの木ってどの木のことなのか調べてみたいと思います。4歳6ヶ月2017/12/23

ヒラP@ehon.gohon

3
友達思いのキジムナーと母親思いのとんとんみー。 出会いはともだちを失ったキジムナーの復讐が、少年とんとんみーの母を思う心にサンシンに変わり、きれいな花に変わってしまいます。 お礼を言うためにとんとんみーがキジムナーを追いかけたところで、二人は出会いキジムナーは憎しみを捨てるのです。 理解し合うことがいかに大事か、この絵本は語ってくれます。。 憎しみに終わらない沖縄ならではの心の広さを感じました。 沖縄の守り神のキジムナー、あだんに変って沖縄の人たちには親しみのある木の伝説でした。 2011/01/04

トト

2
沖縄生まれのバイオリニストのライブで コラボの読み聞かせに。古い沖縄民謡の歌詞があるのだけど 楽譜がないので本人に創作してもらい 歌ってもらえたら楽しいなあ。2017/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/763624

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。