パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる

個数:

パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる

  • ウェブストアに50冊在庫がございます。(2022年05月23日 17時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826990455
  • NDC分類 141.93
  • Cコード C0011

内容説明

簡単な質問表で特性5因子=外向性、神経質傾向、誠実性、調和性、開放性を図りパーソナリティを読み解くビッグファイブ理論。パーソナリティ研究のルネッサンスと話題の新理論を科学的に検証する。付・パーソナリティ評定尺度表。

目次

1 性格の問題―パーソナリティ特性とは何か
2 フィンチの嘴
3 放浪者―外向性
4 悩む人―神経質傾向
5 自制できる人―誠実性
6 共感する人―調和性
7 詩人―経験への開放性
8 あとの半分―遺伝によるのではない個体差
9 自分の声で歌え

著者等紹介

ネトル,ダニエル[ネトル,ダニエル][Nettle,Daniel]
英国ニューカッスル大学生物心理学部准教授。心理学と人類学の学位を取得。人間と文化のさまざまな面について論じた多数の著書がある

竹内和世[タケウチカズヨ]
東京外国語大学スペイン科卒業後、社団法人ラテン・アメリカ協会研究部に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

lily

93
自分を知ることは相手を知ること。相手を知れば、何を受け入れて、与えてあげられるか、明確になり、心地いい人間関係を継続できる。神経症的傾向が強い人には運動と瞑想を。それにしても思考力はいくら鍛えられても基礎的なパーソナリティは幼少期から変わらないな。外向性と協調性は神経症的傾向はなくて、開放性と誠実性がマックスって、そりゃ生きにくい世の中だ。殆ど孤独になるしかないのだから。あらゆることは気にしないことに救われてるだけで。2021/04/08

ステビア

20
know yourself2022/02/06

りょうみや

16
これまで読んだ人の性格、そして遺伝の関係本の中では一番納得感があった。性格が人類の進化、脳細胞の働き方と結びついた説明が分かりやすい。簡単な質問で自分の5因子のパーソナリティがわかり、新たな視点で自己分析もできた。2017/04/21

ポワン

11
【最高のパーソナリティなどない。生まれ持ったパーソナリティをどう生かすか、最適なニッチを探せ!】◎本書は、文化人類学・進化心理学の観点から、人間のパーソナリティ(個人の行動に一貫して見られる特徴のこと)について記されている。◎人間のパーソナリティは、「外交性」「誠実性」「神経質傾向」「開放性」「調和性」の5因子から成る。(BIG-5)◎BIG-5は、遺伝子によって脳にプログラミングされている。◎生まれ持ったパーソナリティを憂うのではなく、最適なニッチを探すことで、自分らしい人生を創ることができる。2021/01/30

木麻黄

6
性格という掴みどころのない現象も,脳科学の進展により,神経的な基盤を元に成立している様が,徐々に明らかになってきましたね。橘玲のスピリチュアルズから続けて読んだこともあって,無理なく理解できたような気がします。性格の変えがたさを知れば,無理に性格を変えようとしたり,無闇に自分探しをしようとしたりする気もなくなるでしょう。科学的思考は,改めて役に立つなと思った次第です。天賦の性格が,己の生きる世界にマッチングするかどうかは,ほぼ運任せと言えそうですが,自らの特性をどう生かすかは,才覚と言えるかもしれません。2021/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/269891

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。