LINEとメルカリでわかるキャッシュレス経済圏のビジネスモデル

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

LINEとメルカリでわかるキャッシュレス経済圏のビジネスモデル

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 05時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 213p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784822289621
  • NDC分類 338.2
  • Cコード C0034

出版社内容情報

スマホ決済から、仮想通貨ゲームまで。
「お金」でつながる新しいビジネスの仕組み・法律・リスクをすっきり解説。

LINEやメルカリのサービスを調べると、
お金がらみの新しいビジネスモデルが生まれていることがわかります。
私たちはフィンテックや仮想通貨のハードルの高さを感じることなく、
新しい形のサービスをLINEやメルカリで利用しているのです。
本書はLINEとメルカリを例に、フィンテック関連の新しいビジネスの動きを紹介します。
この動きをキャッシュレス社会やシェアリングエコノミーとの関係で考えると、
大きな流れと未来図がみえてきます。

本書は、ある町に住む家族3人の物語に沿って、
フィンテック、キャッシュレス化、仮想通貨について解説します。
お父さんは刑事ですが、重大な心配があります。
「キャッシュレス革命で、みんなが現金を持たなくなると、
ドロボーやスリは『商売上がったり』になって、
刑事の仕事もなくなるのではないか?」
果たしてキャッシュレス化で世の中はどう変わるのでしょう。

内容説明

スマホ決済から仮想通貨ゲームまで、「お金」でつながる新しいビジネスの仕組み・法律・リスクをすっきり解説。

目次

1 LINEとキャッシュレスビジネス(スマホ送金;新しいお金ビジネスと法律 ほか)
2 メルカリとキャッシュレスビジネス(メルカリとヤフオク;メルカリの売上金とメルカリポイント ほか)
3 フィンテックと資産運用ビジネス(新しい金融商品とリスク)
4 仮想通貨ビジネス(仮想通貨ゲームとLINEの経済圏構想;仮想通貨の正体 ほか)

著者等紹介

安岡孝司[ヤスオカタカシ]
芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科教授。1985年みずほ情報総研(旧富士総合研究所)入社。金融技術開発部部長などを経て、2009年から現職。大阪大学理学部数学科卒、神戸大学大学院理学研究科修了、九州大学大学院理学研究科中退。博士(数理学)(九州大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

大阪魂

32
なるほどー!LINE使こててもぜんぜん手だしてへんかった機能、LINEペイとかにもいろいろ戦略あったんやねー!メルカリもつこたことなかったから、ヤフオクとの違い、匿名性とか価格設定とかもぜんぜん違うってゆうのもはじめて知ったし!ほかにもメルチャリとドコモシェアサイクルの違いとか、キャッシュレス化のレース、メルカリとかLINEの囲い込み戦略、フィンテック、仮想通貨ビジネス、それらと対抗する銀行勢とかのがんばり…このまえのキャッシュレスの本とあわせてだんだんキャッシュレス分かってきたかも!でもまだまだ勉強やね2019/10/10

Hiroo Shimoda

7
平易な内容でわかりやすい。 規制を避けつつ如何に利便性の高い資金移動を実現していくか?マネロンやKYCをどう充足していくか?もっと勉強しないとなぁ。2019/07/20

Yuichi Tomita

6
3読目。3回目は、著者がfolioや、ソーシャルレンディング業者や仮想通貨交換業者をボロクソに言うところのほうが面白く感じた。仮想通貨交換業者に至っては、「サイトで仮想通貨取引の意義を説明した業者はない」とまでも。 すぐ読めるが、3回分きっちり楽しんだ。2019/03/14

たす

5
経済圏の構築は業界を問わずトレンドとなっており、そのビジネスモデルを勉強したくて読んでみた。LINEとメルカリという身近なサービスから、送金と電子マネーの違い、関連法令等々、キャッシュレスの初歩を解説しているので、イメージしやすかった。ただ最後の方の仮想通貨はやさしく書いてあるとはいえ、私にはまだちょっと難しかったな。おふざけの入ったフィクション家族のエピソードで親しみやすくまとめていて、キャッシュレスや経済圏についてさらっと入門するのにはいい本。2021/05/13

Taka

4
今年はお金の勉強するぞとよくわからないまま読みやすそうだと借りてきた本。LINEとかメルペイとか何も考えずに使ってだけど、企業とはまあ色んなことをしてるのだなあ世の中の流れは早いのだなあと思う。メルチャリは無くなっているし、BCは最高値を記録、相変わらず日本では現金払いが多いし。のんびり働いている私は給料の向上は期待できそうにないので金融知識でそこら辺を補って行きたい。電子マネーやポイントは便利だけど流出の問題も確かにある。企業の進出期はキャンペーン連発するのでお得な時期は逃さず利益を掻っ攫いたい2021/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13547977

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。