おいしい昆虫記

個数:

おいしい昆虫記

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年05月08日 23時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784816368950
  • NDC分類 486.04
  • Cコード C0045

出版社内容情報

学生時代に昆虫食に目覚め、食べてみた昆虫は380種!Twitterで「蟲喰ロトワ」の名前で活動し、ラオスで昆虫養殖による栄養問題の改善に取り組む著者。本書では昆虫食やその周囲の人々、虫をおいしく安全に食べる方法、人とかかわりの深い虫の魅力などについて、じゅえき太郎さんのイラストを交えて解説します。

内容説明

419種の虫を食べつくした、「蟲ソムリエ」の生きる道。カリッと、ジューシー、フルーティー?!おいしい昆虫ベスト10も紹介。

目次

第1章 ある日、虫を食べてみた(ショウジョウバエは食べられる?;人生初の昆虫食は、幼少時の「ハチの幼虫と蛹のバター醤油炒め」 ほか)
第2章 虫から広がる世界(いろいろな集まりに、加わってみた;昆虫を食べることを大きな声で言えない現状 ほか)
第3章 嫌われているのは虫か(ゴキブリ飼育容器の意外なる使い道;ゴキブリ式生ごみ処理機の実力 ほか)
第4章 ラオスで私は普通の人になった(ラオスの夜のタイワンタガメ;魅惑のラオス料理 ほか)
第5章 昆虫農家、はじめました(ラオスに定住してからわかること;サソリに夢中になって自転車を盗まれた ほか)

著者等紹介

佐伯真二郎[サエキシンジロウ]
昆虫食を通じ、昆虫と人間の関係をより良くする「蟲ソムリエ」の活動を昆虫学からアートまで幅広く続ける。現在はラオスに滞在し、ラオス農村部の栄養と所得を改善するため、昆虫養殖普及の技術開発を担う。これまで419種の昆虫を味見して記録、味の昆虫図鑑を作ることが次の目標。2015年神戸大学農学研究科博士後期課程単位取得退学。2014年よりNPO法人食用昆虫科学研究会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。