最新!自動車エンジン技術がわかる本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784816347429
  • NDC分類 537.22
  • Cコード C0053

内容説明

ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、過給技術、ハイブリッド、CO2削減、吸気量、排気量、エネルギー効率、ダウンサイジング、HCCI、そして未来のエンジンなど、エンジン設計の第一人者が本音で語る真髄と課題。

目次

1 エンジンはなぜ動くのか?
2 最新ディーゼルのすごい実力
3 ガソリンエンジン技術の最新動向
4 過給の最新技術
5 CO2排出を削減する技術
6 ダウンサイジングの実例と課題
7 HCCIと未来のエンジン技術
8 歴史に刻まれるエンジンの設計

著者等紹介

畑村耕一[ハタムラコウイチ]
1949年広島生まれ。工学博士、技術士。東京工業大学修士課程修了後、東洋工業(現・マツダ株式会社)に入社以来26年間、ハイブリッド(ディーゼルエンジン+電動機)、ディーゼルエンジン、V型6気筒ガソリンエンジン、ミラーサイクルエンジン、排気ガス対策システムほか、低公害・低燃費を目指して自動車用原動機の研究開発に携わってきた。ユーノス800のミラーサイクルエンジン開発の中心人物だった。2001年に独立して(株)畑村エンジン研究事務所を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。