リ・アーカイヴ叢書<br> 知識という環境

個数:

リ・アーカイヴ叢書
知識という環境

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 19時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 278p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784815810672
  • NDC分類 116.5
  • Cコード C3010

出版社内容情報

知識観の分裂をもたらした近代的知識論を批判しつつ、行為の場面から生態系・知的分業秩序までを視野に入れ、知覚知・言語知から科学知・実践知へと広がる知識の領域、そして暗黙知を含めた知識の深層を照射。そのリアルな姿を求めて、環境としての知識構想を展開した白熱の論集。

目次

提題 知識とはどのように成り立ち、何の役に立つのか
1 知識の構造(知識の個人主義―近代哲学の神話;人間的知識の構造―システム論的外界主義に向けて;知識と情報―動物は信じない;知識とスキル―知識から信念を引くと何が残るか)
2 知識の生態(経験的知識の成立―所与・効用・社会;科学論と知識論―科学知識に対する二つのアプローチ;暗黙知と共同体―知識論から社会理論へ)
結びと展望 知識という環境
付録 正当化された真なる信念は知識だろうか

著者等紹介

森際康友[モリギワヤストモ]
1950年生。名古屋大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。