イタリア20世紀史―熱狂と恐怖と希望の100年

個数:

イタリア20世紀史―熱狂と恐怖と希望の100年

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 14時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 453,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815806507
  • NDC分類 237.06
  • Cコード C3022

内容説明

国王の臣民でしかなかったイタリアの民衆が、議会制民主主義と近代産業国家へと踏み出し、二度の世界大戦や内戦、冷戦などを乗り越えて、国民となり市民となっていく曲折に満ちた道程を、密度濃く描く。複雑で魅力あふれる現代イタリアを理解する最良の一冊。

目次

第1部 自由主義イタリア(ジョリッティ時代(一九〇〇‐一三年)
世界大戦(一九一四‐一八年)
自由主義国家の崩壊(一九一九‐二二年))
第2部 ファシスト・イタリア(独裁判の誕生(一九二二‐二九年)
全体主義国家(一九二九‐三九年)
第二次世界大戦(一九三九‐四五年))
第3部 イタリア共和国(再建期(一九四五‐五三年)
大変動の時代(一九五三‐六八年)
鉛の時代(一九六八‐八〇年)
世紀末の危機(一九八〇‐二〇〇〇年))

著者等紹介

村上信一郎[ムラカミシンイチロウ]
1948年生まれ。神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。中部大学国際関係学部助教授などを経て、神戸市外国語大学教授

橋本勝雄[ハシモトカツオ]
1967年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。名古屋芸術大学専任講師などを経て現在、京都外国語大学専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シベリア研修所

0
1900年から1999年までのイタリアについて日本語で読める数少ない概説書。サヴォイア王家、カトリック教会、共産主義者、社会主義者、ファシスト(およびネオ・ファシスト)等々の勢力が複雑に絡み合いながら動く描写は非常にダイナミック。現代でも深刻な南部と北部の格差、財界との癒着がもたらした汚職や腐敗といった問題は現在のイタリアが抱える問題を考える上でも重要だと思われる。外交史の記述が少ないが流石に求めすぎか。なかなかに読み応えのある一冊。2013/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1785866

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。