倭人のルーツの謎を追う

個数:

倭人のルーツの謎を追う

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月19日 01時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 319p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784812702659
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

内容説明

白村江の戦いに敗れた後、中国・朝鮮の占領軍によって抹殺されてしまった神代文字。その神代文字の一つ、アヒルクサ文字で書かれた「秀真伝」をもとに、古代倭国史の真実を明らかにする。

目次

地球の人類史
日本列島へ渡来した縄文人の足跡
縄文人と弥生人
『シルクロードの倭人』にみる「ことば」の変遷
世界文明の流れ
浅草の博士・弾左衛門は、エタモンの頭梁だった
「エタカバネ」のルーツ
縄文時代から「倭人文字」は存在した
シルクロードの「スキタイ文化」
インド亜大陸の「日神王朝」
『倭人興亡史』(「契丹北倭記」)
黄金の国「ジパング」
空から見た「河内平野」
東〓(てい)国の「前方後円墳」
鹿島〓(のぼる)の『倭と日本建国史』を再考する
周芳国と楊井水道の謎

著者等紹介

松重楊江[マツシゲヨウコウ]
大正14年、山口県柳井市生まれ。元柳井市議会議員。現在、(株)松重の会長職の傍ら、歴史研究家として活動。柳井地区日韓親善協会副会長。柳井ライオンズクラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。