竹書房怪談文庫<br> 実話怪談 蜃気楼

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

竹書房怪談文庫
実話怪談 蜃気楼

  • 鈴木 捧【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 竹書房(2021/11発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)※店舗受取は対象外です。
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年11月29日 21時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801928572
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

思考と精神を揺さぶる不穏な怪――。

山小屋で出会った男が見せてくれた、存在しない山の写真。
一月後、不気味な符合が…
(「夢ヶ岳」より)

霊妙なる山怪
封印された記憶
得体の知れぬ恐怖に侵される、胸騒ぎの恐怖実話!

目の前の現実が朧に霧散していくような不安感。
記憶を奪われ操作されているような違和感。
深遠奇怪な山岳怪談を中心に、胸がざわつく実話を集めた聞き書き恐怖譚。
・山道を下る途中の森で見たのは、幼い頃の記憶と符合する巨木と鹿の亡骸「鹿の葬式」
・山小屋で知り会った男が見せてくれた存在しない名前の山写真。一体それはどこなのか…「夢ヶ岳」
・F1好きの父が夜中に見ていた謎の事故映像。それは人気ドライバーの死を予知したビデオだったのか…「セナ」
・一家で夜逃げしたと噂の同級生が住んでいた空き家に幽霊が出るという。問題はキッチンに…「瓶のミミズ」

…他、不穏すぎる全38話!

内容説明

目の前の現実が朧に霧散していくような不安感。記憶を奪われ操作されているような違和感。深遠奇怪な山岳怪談を中心に、胸がざわつく実話を集めた聞き書き恐怖譚。山道を下る途中の森で見たのは、幼い頃の記憶と符合する巨木と鹿の亡骸「鹿の葬式」、山小屋で知り会った男が見せてくれた存在しない名前の山写真。一体それはどこなのか…「夢ヶ岳」、F1好きの父が夜中に見ていた謎の事故映像。それは人気ドライバーの死を予知したビデオだったのか…「セナ」、一家で夜逃げしたと噂の同級生が住んでいた空き家に幽霊が出るという。問題はキッチンに…「瓶のミミズ」他、不穏すぎる全38話!

著者等紹介

鈴木捧[スズキササグ]
竹書房主催の実話怪談コンペ“怪談マンスリーコンテスト”において、最恐賞と佳作をそれぞれ3度受賞。最恐賞作品は「怪談最恐戦2019」に収録されている。2020年『実話怪談 花筐』にて単著デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てつJapan

13
面白い/面白くない話の落差が大きい。編集が著作化を急ぎ過ぎたのではないだろうか、と感じる。山の話は面白かったです。2021/11/21

qoop

11
山岳など人跡離れた場所での怪異には現実か幻覚かという曖昧さがつきまとうが、本書には街場で複数人が同時に体験したことであっても同じように曖昧な、立ち止まって振り返らない限り気づかないような幽けき怪異が多く収録されている。怪異そのものの本質を捉えようとしているかのような味わい。派手でないぶん余計に真に迫って感じられる。あわいを掘り出すような作風には好感しかない。2021/11/05

misui

4
前作が良かったので出たばかりのこちらも。霧がかかった風景を決して見通せないまま眺めているような感触が心をざわつかせる。山登りが趣味とのことで山の話も多め。「顔」「セナ」「鹿の葬式」「峠」「鍾乳洞の出口」など、体験者の困惑が伝わってくるようで。2021/11/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18369922

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。