竹書房文庫<br> 実話怪談 犬鳴村

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

竹書房文庫
実話怪談 犬鳴村

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 15時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 220p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801925274
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

◆禁忌の里「犬鳴村」は実在するのか――?

日本を代表する最凶の心霊スポット・旧犬鳴トンネル。
その先には、日本国憲法すら通じぬ謎の集落「犬鳴村」が存在する……。
映画『犬鳴村』で一躍話題となったこの都市伝説は、果たして本当に伝説にすぎないのであろうか?
これまで数多の怪奇スポット、恐怖の現場をその足で取材してきたルポルタージュ怪談の雄・吉田悠軌が村伝説を徹底検証、土地の歴史を紐解きながら、噂の真相と恐怖の裏側に迫る。
また、藪の中から突如現れた謎の言語を話す男との遭遇譚など新旧犬鳴トンネル、犬鳴峠、犬鳴ダム周辺で実際に目撃された怪奇現象、恐怖体験を記した実話怪談二十五篇も収録。
禁忌に触れる恐怖が背筋を駆けのぼる、実話怪談版・犬鳴村!

“その村”があるのはこの世とは限らない――

◆収録内容

第1部 犬鳴村伝説とはなにか  吉田悠軌

「この先、日本国憲法つうじません」
犬鳴村伝説の広まり
杉沢村、樹海村について
新旧「犬鳴」訪問者インタビュー
・かつての「犬鳴」の姿とは―― 1970年~2000年(「朱い塚」管理人・塚本)
・現在の「犬鳴」の様子とは――2000年代(濱幸成)

☆犬鳴村特別座談会 (久田将義、住倉カオス、吉田悠軌)

第2部 犬鳴村実話怪談

「この電話番号は」 吉田悠軌
「公衆電話」 村上ロック
「〇三〇五」川奈まり子 *再録
「一緒に来てほしい」 日高屋四郎
「亥の子石」梨
「奇妙なライダー」鬼志 仁
「福岡トンネル」緒音百
「噂」 緒音 百
「そこにいたもの」おがぴー
「まっくろ」高倉 樹
「犬鳴の住人」月の砂漠
「嫌な音」月の砂漠
「先客」 月の砂漠
「地図アプリ」  菊池菊千代
「祟られ」坂本光陽
「犬鳴トンネルの写真」 坂本光陽
「水」ムーンハイツ
「何が見える?」 天堂朱雀
「先が見たい」 天堂朱雀
「「目的地」の女」キンブルヤスオ
「トンネルにて」アスカ
「遠吠え」アスカ
「ラジオチャンネル」 雨水秀水
「新犬鳴トンネル」 戸神重明 *再録
「隧道事故」神沼三平太

内容説明

福岡県に実在する最凶心霊スポット・旧犬鳴トンネルとその先にあるとされる謎の集落・犬鳴村。この実在と伝説の組み合わせは、禁忌のミステリーとして映画『犬鳴村』のヒットで一躍有名になった。90年代後半よりインターネット上で、地元ではそれ以前より知られていた「犬鳴村」伝説は、単なる噂にすぎないのか?その真相に土地の歴史を紐解きながら、現地の徹底取材で迫る。また人気実話怪談作家と一般の読者から寄せられた、犬鳴エリアで実際に起きた怪奇事件、恐怖体験を大収録!トンネルの先は異界…いま伝説を超えた真の恐怖が明らかに!

目次

第1部 犬鳴村伝説とはなにか(吉田悠軌)(「この先、日本国憲法つうじません」;犬鳴村伝説の広まり;杉沢村、樹海村について;新旧「犬鳴」訪問者インタビュー;犬鳴村特別座談会)
第2部 犬鳴実話怪談(この電話番号は(吉田悠軌)
公衆電話(村上ロック)
〇三〇五(川奈まり子)
一緒に来てほしい(日高屋四郎)
亥の子石(梨)
奇妙なライダー(鬼志仁)
福岡トンネル(緒音百)
噂(緒音百)
そこにいたもの(おがぴー)
「まっくろ(高倉樹)
犬鳴の住人(月の砂漠)
嫌な音(月の砂漠)
先客(月の砂漠)
地図アプリ(菊池菊千代)
祟られ(坂本光陽)
犬鳴トンネルの写真(坂本光陽)
水(ムーンハイツ)
何が見える?(天堂朱雀)
先が見たい(天堂朱雀)
「目的地」の女(キンブルヤスオ)
トンネルにて(アスカ)
遠吠え(アスカ)
ラジオチャンネル(雨水秀水)
新犬鳴トンネル(戸神重明)
隧道事故(神沼三平太)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

71
前半は犬鳴村のルポタージュ、後半はそこを舞台とした実話怪談の二部構成。特筆すべきは前半のルポ。福岡の地方怪談だった「犬鳴トンネル」が如何にして全国区の知名度を確立するに至ったかを、杉沢村や2ちゃんねる等のネットロアとの関係を中心に考察している。昔と今の現地の様子は一読の価値あり。後半の実話怪談であるが、これは玉石混交というか石が多いような印象。この実話怪談の発達したご時世にそういう話を持ってくるかというような話が多く、読みなれている身としては不満。怪談好きには前半のルポだけでも読む価値はあるかと思います。2021/01/29

キンモクセイ

57
日本における心霊スポットの中でも有名で最恐と言われている場所。かつては犬鳴村があり「この先、日本国憲法つうじません」という看板があるらしい。都市伝説かただの噂なのか。第一部では犬鳴村伝説について詳しく書かれている。第二部では犬鳴実話怪談。〝公衆電話〟無理矢理連れて行かれて嫌がらせで入った電話ボックス。突然鳴ってでると母からだ。「リョウスケ!なんでそげんところに行っとると!そげんところに行ったらお母さんどうしたらよいか...」〝地図アプリ〟犬鳴村を検索したらダムではなく集落。拡大したら女性が手を振っていた。2021/03/27

高宮朱雀

14
地元では有名だし、奇妙な噂の絶えない場所です。 前半部分がくど過ぎて読む気が失せ、後半の実話怪談のみ読了。 弟の学生時代に起きたある一件を思い出し、内容との符号にゾッとする部分もありました。因みにこの事に関する記憶が弟には一切なく、話してくれた父共々、未だに気持ちが悪い経験だと言っていました。 世の中には知らぬが仏の事も少なくありません。ま、この場合は触らぬ神に祟りなしか。2021/04/21

qoop

8
福岡・旧犬鳴トンネル周辺がなぜ都市伝説の舞台となり心霊スポットとして名を馳せたか。本書前半は吉田氏が噂の真相を解き明かす長文が掲載され、後半で同地の実話怪談を収録した二部構成。噂が解かれた後だからこそ、それでも起こる怪異の不可解さが際立つのだろう。それなのになぜ?と。乱暴にいえば、実話怪談あるあるというか、共同幻想としての心霊スポットから幻想をはぎ取った後に何が残るか、それを聞いて何を思うか。まるで試金石のよう。2021/01/31

山田

7
科学的に現実的に考察された「犬鳴村」と怪談の宝庫である「犬鳴村」の半々で構成された怪談本。前半では「犬鳴村」というものは存在しないという現実を、これでもかというくらい知らされる。後半で怪談の名手達による「犬鳴村」にまつわる恐怖譚を読む事になる。読み終えた時に奇妙な印象がまとわりつく。怪談と犬鳴村否定論がせめぎ合うからだろうか?2021/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16834311

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。