ラズベリーブックス<br> 壁の花の小さな嘘

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

ラズベリーブックス
壁の花の小さな嘘

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月19日 08時58分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 432p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801924239
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

父親を亡くし、23歳という若さで一家の大黒柱を務めるキティは壁の花。
自分の結婚はあきらめていたが、妹の結婚に箔をつけるため、世捨て人で社交界に何年も顔を出さないソーントン公爵と婚約したと嘘の発表をする。ところが、新聞でそれを見て興味を持った公爵が現れた。意外にも公爵はそのことを面白がり、ふたりは友人になるが……。
嘘から始まった恋の行方は?

内容説明

父親を亡くし、23歳で一家を支えるキャスリンは壁の花。社交界にデビューして4年になるのに男性とまともに話したこともない。自分の結婚はあきらめていたが、妹によい縁談を見つけるため、ある計画を思いつく。世捨て人のソーントン公爵と婚約したと嘘の発表をしたのだ。ほんの数週間、妹の相手が見つかり、社交シーズンが終われば婚約は解消したというつもりだった。ところが、当の公爵が本当に現れてしまう。彼はある事故で怪我を負い、10年ほどスコットランドの城に引きこもったままだったが、公爵の弁護士が気を回して渡そうとしたお金をキャスリンが断ったことで、ただの詐欺師ではなさそうだと興味を持ったのだった。キャスリンと会った公爵は面白がり、ふたりは友人になるが…。小さな嘘から始まった恋の行方は―?

著者等紹介

リード,ステイシー[リード,ステイシー] [Reid,Stacy]
USAトゥデイのベストセラー作家。デビュー作The Duke’s Shotgun Weddingは2015年のHOLT Award of Meritを受賞。ヒストリカル・ロマンスとパラノーマル・ロマンスを得意としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

30
備忘録:婚期を逃しつつある(二十代前半で…)壁の花な女子たちが、幸せをつかむために行動する!というシリーズ。何よりも妹の将来と家族の安定を望む女子ったら、なんと隠遁生活をしている公爵の婚約者のふりをするように!…けれども、ひどい事故のせいで日常生活にすら問題のある男子が、そんな彼女の言動を愉快に思って…という、可愛いロマンスです。全然小さなウソではありませんが、何が功を奏するかわからない、という楽しいロマンスでした。2021/07/21

ユキタ

2
いや全然「小さな」嘘じゃなかった。ヒロインほんと後がない大胆な嘘をつくし、それを面白がってくれるヒーローでほんと良かった……。ヒーローが車椅子というのも初めて読むパターン。不自由な身体じゃヒロインを幸せにすることはできないと苦悩する姿が痛々しくて、ヒーローが救われてほしくてハッピーエバーアフターを祈ったのもこれが初めてかもしれない。2022/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16255862
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。