知らないほうがよかった日本の怖い地形

個数:
電子版価格 ¥999
  • 電書あり

知らないほうがよかった日本の怖い地形

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月17日 22時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305823
  • NDC分類 454.91
  • Cコード C0025

出版社内容情報

日本には、「怖い地形」がそこかしこにある。普段は意識せずとも、注意すればその片鱗はすぐに見つかる。地震により崩れた地層、洪水の痕跡を残す河川、災害の記憶をとどめる地名など、自然の猛威は日本各地に爪痕を残している。そんな地形の怖い面を、100の項目を通じて紹介。先人たちは自然とどのように関わってきたのか、これからの災害にどう備えるかを探る一冊。

内容説明

死者数世界最多の山が日本にある。危険な地形はいかにして生まれ我々にどのような影響を与えるのか?自然の猛威に備えるための必須知識。

目次

第1章 怖い地形と驚異の地殻変動(遭難死最多の山としてギネス記録に認定―地形のせいで遭難多発の谷川岳;100年後には存在しない?―虫が原因で消えてしまう島がある? ほか)
第2章 危ない地形ができる仕組み(最新理論を採用した小松左京―日本沈没は現実にあり得るのか?;プレートがひしめき合って歪みが生まれる―フォッサマグナではなぜ災害が起きる? ほか)
第3章 異常気象と地形の関係(海水面の上昇により経済損失に―温暖化で沖ノ鳥島が消滅する?;シベリアの風が雪をもたらす―地球温暖化で雪が増える? ほか)
第4章 地名に隠された土地の履歴(旧称に地形の名残りあり―自由が丘駅は丘ではなく谷にある;幕末に軍事施設が造られていた―お台場はかつて物騒なエリアだった? ほか)
第5章 地理にまつわる歴史的事件(治水は古くから為政者の仕事だった―古代の治水工事で捧げられた生贄;水銀を産出する地と密接な関係に―空海は鉱山開発に関わっていた? ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Koning

39
地形と災害、歴史と地形といった具合に100の見開きで地形と災害等の紹介をする本。良くコンビニに置いてある系のアレと思って間違いない。何せ見開き完結なので説明が足りなかったり、図が的外れだったりして色々勿体無い。ライターさんに安く書かせた感が(汗 いや、涙だねこれは2022/07/31

kaz

1
表紙のタイトル文字から想定されるほどおどろおどろしいものではない項目も多いが、地形や土地の利用の仕方にまつわるトリビアが満載。おかしな土地には住まないようにしたいが、素人には難しいものなのかもしれない。土地の記憶は大事だろう。図書館の内容紹介は『虫に食われて消滅しそうな島、死者数世界最多の山…。日本各地の危険な地形を紹介し、怖い地形が生まれるメカニズムを解説する。地名に隠された土地の履歴や、地理にまつわる歴史的事件なども掲載』。 2022/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19160044

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。