科学で読み解く迷信・言い伝え―現代だから分かった真相

個数:
電子版価格 ¥999
  • 電書あり

科学で読み解く迷信・言い伝え―現代だから分かった真相

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月18日 11時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305564
  • NDC分類 387
  • Cコード C0095

内容説明

昔からある迷信や言い伝えを科学的に検証したらどうなる?わら人形に五寸釘を打って呪うと相手は本当に死ぬ?年をとった猫又が夜な夜な油をなめるのはなぜ?カラスが鳴くと死者が出る?幽霊の手はだらりと下がっている?宵越しのお茶は体に悪い?…など、みんなが知っているあの話の真実をさぐる!

目次

1章 怖い迷信の真相(「こっくりさん」をすると霊を呼び出せる;手がつけられないほど大暴れする人には狐が憑いている ほか)
2章 言い伝えの裏側(ナマズが騒ぐと地震が起きる;地震のときは竹やぶに逃げろ ほか)
3章 健康にまつわる迷信の検証(風邪は他人にうつすと治る;暗いところで本を読むと目が悪くなる ほか)
4章 古くからの伝承の解明(厄年に「厄払い」や「厄除け」をすれば災いが避けられる;幽霊は両手をだらりと下げた姿で現れる ほか)
5章 海外の伝説を解き明かす(ツタンカーメンの墓を暴く者は呪い殺される;バミューダトライアングルでは船や飛行機が消える ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぷくらむくら

2
迷信を科学的な裏付けで味付けする方法が面白く読めました。2021/11/05

一方通行

0
伝説や怪奇現象などを、今の科学で考えたらこうなんじゃない? みたいな感じで紹介しています。 あくまでちょっとしたトリビア的な感じで読むもので、1つずつ深く掘り下げている訳ではないため、これが真実であると結論づけるためのものではないです。あくまで考え方の一つとして解き明かしてみるぐらいのスタンスで読むと面白いと思います。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18506196

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。