ふつうの女性がカフェを開いて10年続ける方法

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

ふつうの女性がカフェを開いて10年続ける方法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 23時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801302754
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0034

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

80
カフェ業界のことを知っているわけではないが、書かれていることはおそらく「ふつう」のことなんだろう。ただ文章を読んでいると10年続ける方法が具体的な言葉で表現されていて、本気で飲食業を開業したいと考えている人にとっては背中を押してくれる本だと思う。また具体的な単語が詳細に綴られていることは強い思い入れがあって開業・営業していることがよく伝わってきた。オーナーとして店を始めることはとてつもなくリスキーなことだけど、自己決定権を握って事業を行うことは誰もが精神的に憧れることであると推測される。2018/10/14

形成れい

4
カフェ参入人口の多さから、実際はどうなのかと興味をもって読んだ。2018年に刊行された本だが作者の店舗、現在も営業しているご様子。営業職についていたとのことで、細かい配慮ができているのが長続きの秘訣かと思う。本の内容は、具体的かつ現実的でわかりやすく、参入の敷居の低さとは打って変わってシビアな世界だなと思った。お店の売りであるキラーメニューの説明は、読んでみるだけでもおいしそうな雰囲気が伝わってくる。実例を伴っているだけに説得力があってよかった。2021/07/17

おーうち

4
ふつうのカフェ企業13年継続だけど、要所要所で工夫がなされていて参考になる。工夫といっても普通のことかもしれないが、そこが継続することを結局伝えてくださっているのだと思う。開業までの道筋もわかりやすく、融資とか、物件とか困ったことを重点的に書いてある。カフェ始めるときh読んでみるべき。2018/10/08

かーんたや

3
仕事、お客様、読者に対する姿勢が誠実。他業種の個人事業を5年やっているが、10年、20年と継続しているために必要なものを学ばせていただいた。

三崎

3
図書館本。カフェの開業は大変で想像しているより生半可ではないということがわかった。著者の実体験が書かれており、カフェ開業の大変さと喜びがわかる。読んでよかった。2018/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12523361

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。