家族というリスク

個数:

家族というリスク

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月27日 10時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 252,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326652594
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C3036

出版社内容情報

「今までと同じやり方ではうまくいかない。」これが日本の政治・経済・社会の現状である。家族の領域でも同じ状況が生まれている。だが、どれだけの人が家族の先行きについて危機感を感じているだろうか。今まで通りのやり方で家族の幸せを実現しようとしてもうまくいく保証はない。それは家族生活がリスクをともなうものになってきたからである。結婚したくても相手がいないリスク、離婚のリスク、親が介護状態になるリスク、収入低下のリスク‥‥‥など。パラサイトシングル、フリーター、専業主婦はもっと危機感をもつべきなのにリスクをかえりみ

【目次】
はじめに―家族の戦略的思考のすすめ

Ⅰ 家族という絆・家族というリスク
 「選択的な絆」がはらむ可能性と問題
 家族の不確実性の再来
 家族というリスク
 家族の変化と生活設計の危機

Ⅱ パラサイト・シングル、その後 パラサイト・シングルの時代
 不良債権化するパラサイト・シングル
 パラサイト・シングルVSフェミニスト
 若者の自立をサポートする社会環境を
 非現実的な夢、分別あるあきらめ

Ⅲ フリーターという生き方
 夢みる使い捨て労働力としてのフリーター
 フリーターの理想と現実
 豊かな親が若者の失業問題を隠蔽している

Ⅳ 専業主婦の黄昏
 専業主婦の黄昏
 曲がり角の専業主婦
 経済環境の変化と女性の運命

Ⅴ カップル・夫婦はどこへ行く
 恋愛自由化の代償
 夫婦リストラのシナリオ
 ご機嫌をとるのは、男、それとも、女

Ⅵ 親子関係の変貌と教育問題
 教育に希望がもてなくなる時
 豊かさの中での目標を見失う子どもたち
 親子リストラのシナリオ
 夢・教育・結婚

あとがき

内容説明

パラサイト、フリーター、専業主婦に未来はない。愛情から経済まで、家族生活のリスクをのりこえる希望の戦略がここにある。

目次

1 家族という絆・家族というリスク
2 パラサイト・シングル、その後
3 フリーターという生き方
4 専業主婦の黄昏
5 カップル・夫婦はどこへ行く
6 親子関係の変貌と教育問題

著者等紹介

山田昌弘[ヤマダマサヒロ]
1957年東京に生まれる。1986年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京学芸大学教育学部助教授/家族社会学・感情社会学専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。