言いがかり国家「韓国」を黙らせる本

個数:

言いがかり国家「韓国」を黙らせる本

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年07月06日 07時07分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 187p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801302457
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0131

内容説明

本書では、「従軍慰安婦問題」「竹島問題」「靖国神社問題」「旭日旗問題」「戦後補償問題」など、頻繁に耳にする韓国の主張に対して、どのように反証すればよいのかを解説していきます。執筆にあたってはなるべく感情を排し、証拠に基づいた内容になるよう心がけました。また、本書の後半では、なぜ韓国が反日行動をとり続けなければならないのかといった裏事情の解説や、今後どのように付き合っていけばよいのかという考察も行っています。本書を読むことで韓国の言いがかりに対して、毅然とした態度で反論できるようになっていただければ幸いです。

目次

第1章 従軍慰安婦問題で韓国を黙らせる
第2章 竹島問題で韓国を黙らせる
第3章 靖国問題で韓国を黙らせる
第4章 日本が韓国から七奪したという「言いがかり」を黙らせる
第5章 一般朝鮮人の強制連行問題で韓国を黙らせる
第6章 戦後処理問題で韓国を黙らせる
第7章 近年になって出てきた「言いがかり」の数々
第8章 韓国が「言いがかり」をつけ続けざるを得ない裏事情
第9章 今後、どのように付き合っていくべきか?

著者等紹介

宮越秀雄[ミヤコシヒデオ]
慶應義塾大学商学部卒業後、森下仁丹(株)に入社。主としてマーケティング部門(営業、営業企画、商品開発等)を経験。2002年退社、その後、総合食材宅配フランチャイズ本部のコールセンターの立ち上げとコールセンター長としてその後の運営に携わる。2011年に契約満了の為退社、その後マーケティングコンサルタントとして活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。