イタリアルネサンス文学・哲学コレクション<br> 詩作論

個数:

イタリアルネサンス文学・哲学コレクション
詩作論

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2019年05月22日 02時58分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 156p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784801004023
  • NDC分類 901.1
  • Cコード C0397

内容説明

最高の英雄詩を書くのにふさわしい題材、ふさわしい文体とは何か?ホメロス、ウェルギリウスから当時流行の騎士物語までを例に、アリストテレスによる原則を念頭におきながら最良の技法を探求する。“本当らしさの追求”を目指す古典芸術の前提のもと、ルネサンスを代表する詩人が詩作の方法を解き明かした創作論。

著者等紹介

タッソ,トルクァート[タッソ,トルクァート] [Tasso,Torquato]
1544年、イタリア南部のソレントに生まれる。1595年没。詩人。父にしたがってイタリア各地の宮廷を渡り歩いたのち、1565年からフェラーラのエステ家に仕え、詩作により名声を高めるものの、自作への批判、フェラーラ公との関係の悪化等から心身に変調をきたして奇行に走り、7年に及ぶ軟禁処分を受ける。解放後は各地の君主・貴族のもとに身を寄せながら創作を続け、ローマにて死去

村瀬有司[ムラセユウジ]
1969年、静岡県焼津市に生まれる。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。現在、京都大学大学院文学研究科准教授。専攻、ルネサンス期イタリアの詩と詩論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。